ひとりごと

戻る

4/26(PM3:00)のひとりごと

今日は休みです。

夜間作業週間も第2週間目に突入。
さすがに時間の感覚が狂い掛けてきている(^^;
一体何日ぶりだろう、昼間に起きているのって(^^;

さて、すでに先先週のことだが、どうやら例のMP3プレーヤがキット化されたようだ。
案内書が届く前に、YahooのニュースのMP3関連のところにキットの記事が載っていたので、早速注文したのだった。
後は届くのを待つだけなのだが、かなり人気があるらしい。
若松通商のホームページで注文したのだが、注文した当時は在庫は○(多め)となっていたのだが、しばらくすると在庫は△(少なめ)で2週間待ちとなり、今では1ヶ月待ちとなっている。
早いうちに注文したとはいえ、一体いつ届くのだろう・・・

さて、先日の夜間作業中、休憩がてらカラーバーに音楽が流れているテレビに目をやって見ると字幕で誘拐事件でさらわれた子が保護されたらしいと言うのが流れていた。
本日テレビでその詳細を見ていたところだが、プリペイド方式の携帯電話が使われているらしい(汗)
携帯電話の会社で働いていると、犯罪等で携帯電話が使われたとかいう話を聞くのはつらいですね。
私はいくつかの装置を担当をしているが、そのうちのプリペイド装置は主担当だったりするし・・・(大汗)
(と書くと装置を作っていると勘違いする人もいると思うけども、装置を作るんじゃなくて保守しているんですよ。装置を作っているのはメーカーですから)
(たまに会社の名前をいうと「電話作っているんですか」とか聞かれるけど違いますからね(汗))
(さらに言うと交換機とかも作っているわけじゃないですからね(大汗))
全く持っていやな話だ・・・

それにしても「警察もやればできるんだから」というコメントが出たときは笑ってしまいましたね。
これじゃ今まで警察は何もやっていなかったみたいじゃないですか(笑)
あながち間違いじゃないですけど(爆)
別のストーカー事件もテレビでやっていたが、そこでも警察の対応はいいかげんなものだったようですね。
まぁ、日本の警察は役立たずの無能者ですからね(爆)

4/18(PM8:20)のひとりごと

今日は夜間作業明けです。

随分空けてしまったな・・・
さて、3/26以降全然定まっていなかった予定がようやく定まり、夜間作業週間に突入。
夜間作業の予定が何度も延期になり、そのせいで会社に行ってもやることもない日が何日も続いた。
おかげて先週一週間はかなりブルーな気分だった。

今、万物創世記を見ている。
前々から思っていたことなのだが、ナレーションの人が代わって以降、どうも番組の重厚さが欠けてしまったような気がしてたまらない。
どうも、あの男女の掛け合いナレーションは軽すぎてどうも肌に合わない。
こうなってくると、番組の寿命が近々訪れてくるような気がしてならない。
私の経験上、テレビ番組に限らず雑誌などこのように雰囲気を無理に変えようとしている場合、確実に寿命が近づいているのが何となく分かってくるのだ。
流れに沿って自然に変化する分には何とも無いんですけどねぇ。
さて、本日はミリオンヒットの第二弾をやっているようだ。
過去のヒット曲の共通点、データからヒット曲を作ろうとしているようだ。
しかし、そのよう作り方をしている場合場合、狙いすぎてかえって駄目になることが多々あるものである。
今の時点では最後まで見て見ないと分からないので、実際はどうなるかわからんが・・・
やはり、番組の寿命が近いのか・・・

3/26(PM0:45)のひとりごと

今日はどうやら休みらしいです。
今日以降の予定がいまだに未確定なのである。
困ったものだ・・・(汗)

昨日は漫画家の西川先生のところのオフ会に参加しました(^^)
参加者計15人の大規模?なオフ会で、とても楽しかったですね(^^)
しかも、ビンゴ大会&ボーリング大会で先生のホームページにある「あんたもスキャナ」と言うコーナーの原画が景品で、その中のバスタオル姿の桂さんとドリスさんの原画をゲット(^^) 先生のお話も聞けて、皆さんと実際にお会いできてとても有意義な時間を過ごせました。
わざわざ東京まで出てきたかいがあったというものです(^^)

東京まで出て行ったということで、オフ会の時間までの間、当然のごとく秋葉原によってきました。
今回は時間が少なかったこともあり、秋月電子で多機能デジタル時計キットVER-2と、超音波式加湿器を買った。
買いだめしているキットがかなり増えてきたので早々に組み立てないと、情報が古くなってきてしまう(^^;
時間を見つけて早く組み立ててページを更新しなければ・・・

さて、トラ技の今月号にさくらちゃんのMP3プレーヤーの製作記事が載っていた。
これを見て私もMP3プレーヤーを作って見たくなった(^^)
キットの案内請求を送り現在案内が届くところを待っている。
秋葉原で揃えて見ようとも思ったが、時間が無かったことと、パーツリストを揃えていなかったこともあり断念。
早く案内届かないかなぁ〜(^^)

で、そのMP3プレーヤーの製作記事の筆者のホームページにさくらちゃんMP3プレーヤーのカラーの写真があった(*^^*)
で、そのホームページをいろいろ覗いて見たら、落書きのページにYATの桂さんのイラストがあった。
ラッキー(*^^*)
YATといえば、西川先生である。
そして、最初の話に戻って無限ループ(笑)

またしても見る価値の全然ない日テレ系の馬鹿ドラマ「イケメン」を見てしまった(--;
日曜は「雷波少年」→「ピカイチ」と見ているので、どうしても間に「イケメン」が挟まってしまうのである。
普段ならチャンネル変えるなりしてなるべく見ないようにしてはいるんだが・・・
何なんだあの内容は(怒)
公務執行妨害でつかまった人間がいきなり刑務所に入るか、普通。
しかも鉄球つきの足かせ付けていたりしているし。
何処の国の刑務所なんだ(--;
しかも、鉄球を振り回しながら生徒に鉄球投げつける校長が何処の世界にいるんだ。
この校長こそ刑務所行きじゃないか(--;
こんな脚本書く奴ぁ、即行死んでしまえ。
でも、今日が最終回らしいのでこれ以上こんな馬鹿ドラマに悩まされることは無ければいいのだが・・・
この時間帯、見る価値のない馬鹿ドラマが続いていたからなぁ・・・

3/20(PM5:45)のひとりごと

今日は休みです。

午前中、数日前に注文していたパソコンデスクが届いた。
早速、部屋の模様替えを行った。
部屋の一辺にはスチール棚が3つのうち2つと、パソコンを載せている木製のラックを撤去。
しかし、その撤去のために荷物を別の部屋に動かしたりするわけだが、なかなか一筋縄に行かなかったりする(^^;
TVが載っていた棚をずらし空いたスペースに机を置いた。
机の設置後、木製のラックからパソコンを仮移設、仮配線を行った。
とりあえず、次の休みにでも部屋中の配線を整理したいと思っていたりする。

3/19(PM1:30)のひとりごと

今日は休みです。

日テレ系のとりあえずイイ感じを見ながら思ったこと。
茶髪、ガン黒、厚底の化け物(馬鹿者)は殺しても罪にならないっていう法律できたらいいのに・・・(をい)

3/7(AM0:00)のひとりごと

今日(3/6)は休みです。

今朝、昨日ビデオに撮っていたデジモンを見る。
心の葛藤のシーンを見ていたら何となくエヴァを思い出してしまった。
ヤマトの「・・・でも本当は、本当は寂しかった。絶対に泣いちゃいけないと思ってた。俺は一人なんだから、一人で何でもできる立派な人間だと思いたかった。でも泣きたかった。一人は嫌だよ・・・」とか
空の「やりたくなかったらやらなくていい」のあたり。
もっとも心の闇なんかそう簡単に払えるわけは無いんですけどね(悪笑)

もうひとつ。
ニュースで東京都文京区で起きた子供が殺された事件の初公判が行われたらしい。
検察側の冒頭陳述で被告は被害者の母親に対し特別な親近感を持っていたらしいが被害者の母親はそうではなかったこと。
そしてそれまでの親近感が急速に冷め、不快感を感じるようになったということらしい。
実際のところはどうなのかは分からないが、そのニュースを見た瞬間、
シンジの「裏切ったな!僕の気持ちを裏切ったんだっ!」という声と、
レイの「初めから自分の勘違い。かってな思い込みに過ぎないのに」という声が聞こえた気がした。

エヴァの最終回付近や劇場版は心の闇を凶悪なまでに描写しているからねぇ〜。
エヴァ以前の作品は心の闇をそれほど深く書くことも無く、心の闇に否定的ですぐ理想論をならべ立てようとするが、
エヴァ以降の作品については心の闇に少しは真剣に向き合うようになってきたような気がする。
特に心の壁について以前は
「心の壁を取り払えばみんな分かり合えるんだ」
と言うのが大半だったが、いまでは
「どんなに分かり合おうと思っても、本当に分かり合えることはできない。心の壁を取り払うことはできない」
と言うのが増えてきた気がする。

それにしてもエヴァにはまりすぎかなって気はしますけどね。

3/5(PM2:00)のひとりごと

今日は当直明けです。

さて、帰ってきて早々テレビをつけてみたら日テレ系の「ちょっといい感じ」で偽ブランドについてやっていた。
世の中には、「てめぇは偽物すら持つ資格ねぇっ!(怒)」と言ってやりたいと思うことが多々ありますがそれは置いておいて・・・
さて、私はブランドというものに疑問に思うことがある。
ブランドとして見た場合、確かに偽物であろう。
しかし、道具として見た場合は偽物とはどのような事を言うのか。
さて、ここに本物のブランドの財布と偽ブランドの財布があります。
財布として使う場合、偽ブランドの財布には子供銀行券しか入らないんですか?
そんなことあるわけも無く、偽ブランドの財布であろうと財布としての機能はあるわけである。
多少、使い勝手が良い悪い、壊れにくい壊れやすいというのはあるかもしれんが。
そう考えるとブランドって何?と言う気分にもなる。

とはいえ、ブランド物を作る職人のことを考えるとそうも言ってられない。
私自身、物作りを趣味としているわけで、ああいった職人の腕のよさやこだわりを見るのはとても好きである。
前にも「万物創世記」でブランド職人についてやっていたときなんかは、その腕のよさやこだわりにいたく感心したものである。
素材が加工され、形を次々に変わり、最後に製品になる過程というのは見ていて楽しいものである。
そして職人の物を作り出すことに対する情熱というのが感じ取れてとても楽しいのです。そしてそういう職人は羨ましくもあります。
このように考えるとそんな職人のこだわりを無視するような偽ブランドの存在は許しがたきものであり、偽者を平然と売ってぼろ儲けしている奴は滅んでしまえといいたくなります。

はて、そうすると前者と後者とで矛盾してしまうじゃないですか。
結論としては、物の本当の価値を知っていて、こだわり、情熱を感じ取れる人間だけがブランド物を持つ資格があり、物の価値もわからず、ただただネーミングだけでブランド物を手に入れようとする輩にはブランド物を持つ資格は無いということになりますね。
とすると、簡単に騙されて偽物をつかまされてしまう奴はブランド物を手にする資格は無いということになりますな。

もっとも冒頭の「てめぇは偽物すら持つ資格ねぇっ!(怒)」というのはそれだけでもないんですけどね・・・


って、ちょっと長かったかな(^^;