ひとりごと

戻る

10/29(AM1:10)のひとりごと

28日は日勤でした。

仕事から帰ってから、録画していた「だぁ!だぁ!だぁ!」(NHK-BS・NHK教育)を見る。
私はBSは持っていないので地上波のNHK教育で見ているのだが、どうやらBSでの本放映とは放映順番が若干違っているようだ。
で、第25話 「停電ハロウィン」のAパート、なんともツッコミどころの多い回であった(笑)
特に、ワンニャーがライトを取り出したときの効果音だが、別の効果音と重なっていたが、まさしくその音はドラえもんではないか(笑)
やはりそのまま使うのはヤバイと感じて、別の効果音を重ねたのだろうか?
#何故ドラえもんを1回で変換できるんだ?>MS-IME(汗)
だいぶ前に気付いたことなのだが、「だぁ!だぁ!だぁ!」のBGMがどこかで聞いたような感じだと思ったら、CS・アニマックスで放映していた「ドッとKONIちゃん」と同じ人であった。
やはり、音楽というのはその人その人で持ち味というのがあるのだとしみじみ思ったりする
「だぁ!だぁ!だぁ!」と「ドッとKONIちゃん」とは妙な組み合わせだな・・・
とも思ったのだが、「だぁ!だぁ!だぁ!」のあの暴走ぶりを考えると納得もしてしまったりする(^^;

それにしても最近の少女漫画は勢いがある、というか暴走している物なのだろうか・・・(汗)
といっても、知っているのは「チャチャ」「こどちゃ」「カレカノ」「さくら」ぐらいなのだが、そのうち「チャチャ」「こどちゃ」「カレカノ」はまさしく暴走しまくりだったな。
そういえば昔「パタリロ」というアニメがあったが、たしかこれも原作は少女漫画だったんじゃなかったかな。
「パタリロ」はあまりよく覚えていないが、かなり変な作品だったような気がする。
アニマックスで放映されていたみたいだったが、数回しか見てなかったな。
とにかくその事実を知った時の衝撃は、「かぼちゃワイン」が週間少年マガジンに掲載されていたことを知った時の衝撃に等しい。
一体、少年漫画と少女漫画の垣根とは一体何処にあるのだろう(汗)

「だぁ!だぁ!だぁ!」に話をもどして、先週放映の第28話「西遠寺にシスター来る」の最後のワンニャーの閉め、なかなかいい感じだ(笑)
その時のセリフ
「まるで本当の姉と弟、いや、兄と妹?
 あるいは兄妹と言うよりも・・・・・・(後は悶え続ける(?)ワンニャーの声)」
分かるぞ、その気持ち(爆)

それはともかく、インターネットは便利な物だとつくづく感じた。
「だぁ!だぁ!だぁ!」のコミックをまとめて買ったのだが、とにかく便利だ。
今までも「カレカノ」や「さくら」を買っていたのだからどうってことは無いのだが、それ以上にめんどくさかったのだ。
最近疲れがなかなか抜けないこともあり、本屋によっても雑誌と新刊コーナーぐらいしか見て回る気力が無かったのだ。
「犬夜叉」も1巻から買い揃えようかな〜なんて思っているが、やはりめんどくさい。
他にも何か買いたいと思っていたのだが、何を買いたかったのかを思い出すことすらもめんどくさい。
そんなありさまだから、独自ドメインとっても遅々としてサイトの更新が進まないのだ。
唯一ポポペとトリコのCE化に力を注げるぐらいの気力しか残っていない。
でも、トリコは既に行き詰まっている(爆)
どうすれば文字を入力できるんだぁぁぁぁぁぁ(泣)

とにかく、最近はそんなありさまです(爆)
それにしても、少女漫画を平然と語る25(もうすぐ26)男ってどうよ(木亥火暴)


って、ここまで書いていて自分でもなんかようわけわからんなってきたわ・・・
疲れているというより、憑かれているというべきか・・・
燃え尽きて灰になると言うより、萌え尽きて廃になるとか・・・
はぁ・・・・・・(ため息)

10/20(PM10:15)のひとりごと

今日は日勤でした。

うわっ、1ヶ月近く更新してなかった(爆)

ポケットポストペットのCE化については、一通り情報が集まった。
そして、それを元に今度はトリコメールの方を取り掛かっていきたい。
実験用のトリコメールは既に手に入っているし(ちょっと高いと思ったら新古品だった(汗))、少しばかり実験しながら情報を集めているところである。
近々、ポポペとトリコのCE化についてのページを立ち上げようかとも思っている。
職業柄トリコについては情報を集めようと思えば難しくは無いのだろうが、それではフェアでない感じもするので可能な限り自力で何とかするつもりではある。
それに、そんな情報を平社員が容易に入手できるかどうかは分からん(汗)
無理を言えば何とかなるかも知れんがなぁ・・・
が、やはり最大のネックは文字入力をどうすればよいかというところか。

で、ポポペやトリコのレジストリを覗いていたら結構面白いんだこれが(^^)
まず、共通して無駄にモデムの設定が残っている。しかも大量に(爆)
普通にポポペやトリコとして使う限り絶対に参照されないようなデータなのだよ、これが(笑)
なんせPCMCIAで使う28.8Kbpsモデムや33.6Kbpsモデム、FAXモデムなどの設定なのだから。
さらに面白いのは、トリコに赤外線ポートの設定があった(笑)
それを上回るのもので、やはり共通してインターネットエクスプローラー4.01らしき設定があること。
何に使うんだよ、一体(汗)

まぁ、WindowsCEの名残なのだろうけど、レジストリを整理したらどれぐらい容量が空くのだろうか。
これも試してみたいところだ。
ただ、ポポペは既にいろいろカスタマイズしているのであまりレジストリをいじりたくないが、トリコに関しては実験用なので何処までも突き進める(笑)


本日、TBS系の最低最悪大馬鹿番組の嘘JAPANを前半30分だけ見た。
なぜ前半30分なのかは、その時間帯でスカパー・地上波共にこれといって見たいものが全く無かったからである。
で、冒頭の計算で携帯電話の番号を当てるという物があったのだが・・・
あの会場にいる人間全員、小学校を卒業したのかどうか疑わしいところだ(木亥火暴)

で、その計算の内容。
電話番号を090−CDEF−GHJKとすると、
1)最初の4桁(CDEF)に125を掛ける
2)“1)”の結果にさらに160を掛ける
3)“2)”の結果に下4桁(GHJK)を足す
4)“3)”の結果にさらに下4桁(GHJK)を足す
5)“4)”の結果を2で割る
で、電話番号が出るらしいのだが・・・

あ、ちなみにアルファベットが「CDEFGHJK」となっていて「I」が無いのは、数字の「1」と紛らわしいからです。
一応、この業界では数字列をアルファベットで表現する際に「I」は使わないことになっています。
同じ理由で「O(オー)」も使わないことになっていたはず。
新入社員だった頃、そのように習いました。
雑誌なんかで携帯電話なんかの話をする時はよく「I」が使われてたりしますが、あまりよろしくないです。
ついでに言うと、飛行機の国際便の座席の並びも「ABCDEFGHJK」と同じ理由で「I」は使われていないです。
実際に国際便に乗ったときに見ました。
ええ、乗ったことあるんです。国際便(笑)
会社が実にバブリーだった頃のお話です(爆)

ヒントは125×160=20000であるということ。
125と160という物凄く分かりやすい数字であるにもかかわらず、会場にいる全ての人間がこんな簡単なことにも気付いていないようなのである。
小学校からやり直す必要があるな、絶対。
まぁあんな番組をスタジオで見様などと思う人間なのだから、脳味噌はゾウリムシ程度しかないのだろう。
もちろん、ジャ○ーズジュニア?もだけどな。
って、ゾウリムシって単細胞動物じゃないか(笑)

あと、
心霊写真をみてマンガのネタを語るのはやめろよ>漫画家兼霊能力者(爆)
しかも、心霊写真でもなんでもないのに(爆)

9/25(PM11:55)のひとりごと

今日は日勤でした。

今日、会社に行ってトリコメールについて確認してみたら・・・
対象外だった(T-T)

それはともかく、マルチメディアカードからTillanosoftの「Tillano Explorer」を例の手段を使いトリコメールで立ち上げてみた。
そして、トリコへのインストールはせず、マルチメディアカード上でTillano Explorerで幾つかのソフトを立ち上げてみた。
結果、ソフトは立ち上がるがキーボード入力が出来ないために使用不可であった。
逆にいえば、キーボード入力を必要としないソフトは使うことは出来るのである。
現在確認できたのは、先の制限ゆえにファイル名、フォルダ名を変更することは出来ないがTillanosoftの「Tillano Explorer」
というか、動かなければそもそも確認できない(汗)
Peter's Pageの「Peter's GameBox」のキーボードを使用しないゲーム。
この他に、CATPROJECTの「Mimidi」でMIDIファイルを再生することが出来た(^^)
ただし、トリコで「Mimidi」を立ち上げてもソングリストでリスト名をつけることが出来ないので直接使うことは出来ない。
まず、マルチメディアカードに適当なフォルダを掘り、そこに必要なファイルとMIDIデータを置く。
次に、ポポペで「Tillano Explorer」を起動し、そこからマルチメディアカード上にある「Mimidi」を実行。ソングリストを作成する。
マルチメディアカード上にソングリストのファイルが作られていることを確認したら、ポポペからマルチメディアカードを取り出す。
もちろんそのマルチメディアカードから「Tillano Explorer」を自動で立ち上がるようにしておくこと。
次にトリコにマルチメディアカードを差し、「Tillano Explorer」を立ち上げる。
そしてポポペと同様に「Mimidi」を立ち上げるとソングリストを選択できるようになっているので、ソングリストを選択。
すると、トリコでMIDIデータを再生することができるようになる。
ちなみに音質はというと・・・
え〜と、なんと言うか、ポポペと同じぐらい(謎)
って、CE化したポポペを持っている人しか分らんがな(爆)

9/24(PM7:10)のひとりごと

今日は休みです。

大分前のことになりますがYahoo!オークションで32MBのSIMMメモリ×2枚を落札しました(^^)
13日にそのメモリが届いたので、早速ジャンクPC・通称「実験鯖」に取り付けた。
元々の構成が8MB×2+4MB×2=24MBであったので、4MB×2のメモリを今回落札した32MB×2と交換。
立ち上げてみるとメモリはしっかり認識され、8MB×2+32MB×2=80MBとなる。
そうしたところ、Linuxの立ち上がる時間が約2/3以下にまで短縮され、CPU交換時よりも速度の増加を感じることができた(^^)
GNOMEを立ち上げてみても、快適とは言わないまでも以前よりもだいぶスムーズに立ち上がっているようだ。
メモリ増設以前は、メモリスワップが頻繁に行われているらしく、その分ハードディスクへのアクセスも頻繁に行われていたけれど、増設後はハードディスクへのアクセスが激減しているのだ。
さすがにメモリの量が3.3倍になっただけのことはある。
ついでにADSLでの速度を確認してみたところ以前は良くて700Kbpsだったのだが、増設後は800Kbpsを更新。
やはり、メモリを増設した分違いが出たようだ(^^)
ついでに上りはというと、さほど変わらなかった。
ちなみに上りの速度は、
メインPC・200〜300Kbps
テストPC・300〜400Kbts
BIBLO・300〜400Kbps
という結果である。
って、何故にメインPCの方がものごっつ遅いねん(爆)

本日、ポケットポストペット(以下ポポペ)という物を中古で買った。
なぜこんな物を買ったかといえば、もちろんWindowsCE化である。
そして、トリコメール(以下トリコ)への応用をも考えている。
ポポペとトリコの共通点はCASIO製でWindowsCEをベースに動いているということ。
以前、トリコで何か遊べないかと検索していて、ポポペと同様の手段によってCE用のプログラムを起動することができる。そしてそれはCASIO製PDAに共通する技であるらしいことは既に知っていた。
今ではポポペのCE化が流行っているようだが、それをトリコでもできない物かと考えている。
最初の予定では、実験用に中古のポポペをトリコを買おうと思っていたのだが、本日はポポペのみ入手することが出来た。
あとCE化用に16MBのマルチメディアカードを購入。
Googleで「ポケットポストペット CE化」でCE化に関するホームページを検索。
Toru Imai's Windows CE Lab」を参考にCE化を実行してみる。
実に簡単にCE化することが出来た(^^)
あとは、幾つかソフトを探してインストールすればCEマシンとして使うことが出来そうだ。
すでにソフトに関する情報も見つけ出しているので、暇を見てあれこれといじってみたい。

次にトリコのほうだが、いきなり現用で使っているトリコをCE化するほど無謀ではないので、やはりここは中古のトリコを手に入れておきたい。
立場的に格安で手に入れることはできるのであるが、実験用に新品を使うのはやはり勿体無いので中古だろう。
いや、新品を買ってそちらに環境を移して、現在使っている方を実験用にするのもいいかも。
とりあえず明日会社に行って確認してからだな(^^)
とはいえ、第1段階であるマルチメディアカードからプログラムを起動できるかの実験だけ行ってみたが、ポポペ同様起動することが出来た。
ついでに「CVersion.exe」を実行してみた。
これは、ポポペ、トリコ共に初めから内蔵していて、Platform、ROM ID、Build IDが見られるらしい。

トリコの場合
CASIO System Information×
Platform :
Casio Jx637 CE2.1P
ROM ID :
0010-1013
Build ID :
6247

ポポペの場合
CASIO System Information×
Platform :
Casio Jx628 CE2.12B
ROM ID :
0003-0609
Build ID :
4300

これが実行した結果表示されたWindowである
う〜ん????

9/14(AM0:30)のひとりごと

13日は日勤でした。

まずは、今回のテロによって亡くなられた方のご冥福を祈ります。

日本時間で9月11日夜10時。
テレビのチャンネルをニュースにあわせたら、真っ先に飛び込んできたのは世界貿易センタービルから黒い煙がもうもうと立ち上る映像だった。
この時点ではまだ、事故とも事件ともつかない状態で情報が錯綜しているところだった。
次に入ってきた映像は世界貿易センタービルに飛行機が突っ込んでいく映像だった。
しかし、この時点で既にツインタワーのもう片方から煙が上がっており、これはただの事故ではなく何かの事件であると感じた。
テレビでも、事故ではなくテロの可能性が高いと報じており、私もその可能性は高いであろうことは感じていた。
そうなると、ここまで大掛かりなことをするようであれば、あと2〜3機ぐらい同じようにどこかに特攻を仕掛けるであろう事を予想した。
案の定ペンタゴンからも火の手が上がり、ここまできたら次はホワイトハウスだろうと思った。
幸いホワイトハウスは難を逃れたようだが、飛行機が1台墜落したというニュースも飛び込んできた。
後々ニュースを見ていたら、どうやらホワイトハウスが難を逃れたせいでペンタゴンが犠牲になってしまったらしいニュースをやっていた。

自分達の主張を通すためにあのような強行な手段に訴え、無関係の人間を巻き添えにするなんて許されることではありません。
自分達の意見を通すためならば大勢の人間が死んでもかまわないということなのか。
自分ひとりだけ死ぬならともかく、特攻で関係ない人間まで巻き添えにして犠牲にして一体何様のつもりなのか。
このような犯罪者をのさばらせておくわけにはいきません。
犯罪者に対して厳重な処罰を与えられることを望みます。

それにしても、パレスチナ人のあの喜びようはなんだろう。
そんなに大勢の人間が死んだのが嬉しいのか?
今まで自分達が虐げられてきたぶん、他のものを踏み躙ってもかまわないという発想なのか。
そんなことでは復讐が復讐を呼び、延々と争いを繰り返すこととなろう。
それは滅びの道である。

今回の事件で世界中に大きな衝撃が走ったわけである。
今後、被害者であるアメリカがどのような対応を取るかによって、世界が大きく変わっていくであろう。
アメリカ的には今回の本土直接攻撃はかなり屈辱的であろう。
多分、今まではアメリカは世界に対して無敵であると自負していたのではなかろうか。

話はずれるが、悪いけど私はアメリカがあまり好きでは無い。多少偏見かがっているが。
一番嫌なところは、自分の権利はやたらと主張するが、他人の権利は平気で踏み躙る民族だからだ。
えらい偏見である。
とはいえ、それはアメリカ大陸発見以後(原住民にとっては発見ではなく見つかってしまった)、原住民を追い出し土地を略奪しておきながら、ここは自分達の土地だと我が物顔で言い張っているのだから。
そんな血を引き継いでいるのだから、今になってもやたらと他の国や民族に対して横暴な態度をとったり、人種差別を平気でやったりするのだろう。
アニメでも似たようなことがあったな。
某有名ネズミの所なんかは、卒業記念のイラストでもなんでもその使用は一切認めなかったりしているが、日本のアニメを平気で真似をしている。
日本の某白いライオンのアニメそっくりだったり、某監督の作った青い宝石を持った女の子と発明好きのメガネの少年が冒険するアニメと設定がそのまま似通っていたり。
そのくせ、自分の作品が使われそうになったときの過剰な反応。
そのような例を見せられてどうして嫌いにならずにいれよう。
もしかすると、今回のテロもそんなところに起因しているのではなかろうか。
もっとも嫌いなとこばかりではなく、アメリカの好きなところもある。
自由であり(もっともその自由の意味を履き違えているものの多いことか)、可能性があり、夢がある。
#くっさ〜(苦) Byギップル(魔方陣グルグル・エニックス・衛藤ヒロユキ)
が、今回の話には関係ないので割愛する。

今回の事件でアメリカがどのような態度を取るかで今後の世界情勢は変わってくるであろう。
もし最悪のシナリオを歩むようになれば戦争に突入することも考えられるであろう。
あまりにも逆上し、相手に対して過剰に攻撃を加えるような事になり、さらに相手も応戦するようなことになれば泥沼は避けられないだろう。
アメリカが冷静な行動を取ってくれることを願います。

今回の件で経済にも大きな影響を与えただろう。
ただでさえ世界中で冷え込んでいるというのに、今回の世界貿易センタービルへの攻撃・崩壊。
これによって、経済の流れはかなり鈍化するであろう。

今回のテロは、世界的に広く、そして深く影響を与えてしまったであろう・・・
今のところは、今後どのように展開していくか見守っていくしかないですね。

9/8(PM7:30)のひとりごと

今日は休みです。

独自ドメイン取って独自ドメインに統合したはいいが、その後全然更新できないでいる(爆)
いい加減に何とかせねば・・・

さと、今日のことだがゲス野郎からダイレクトメールが届いた。
ロイヤル・クラウン・ウィナーズ・エージェンシーとか言うところから来て、英国国営宝くじで80億円当てないかという物だった。
誰がこんな胡散臭い物に騙されるってんだ。
あまりにも胡散臭かったのでYahoo!やらGoogleで検索してみたのだが、最近の物なのかこの「ひとりごと」みたいな日記というかそのようなページが2件しかヒットしなかった。
それにしても英国国営ロト?100億円?
若干違いがあるようだが概ね同じ内容のものが届いていたようだ。
で、肝心の内容だが、ようするに英国国営の宝くじ買って大金を手にしないかというものだった。
#「無いよう」ってMS-IME頭悪すぎるが、この場合的確すぎるぞ(笑)
宝くじがそうそう当たるわけ無いだろうに・・・
確かに当たれば日本の宝くじよりも大金を手に入れることもできるだろうが、そう簡単に当てられるわけ無いだろう。
まったくもってゲス野郎の考えることは分らん。
やはりこういうゲス野郎は悪知恵は働いても、どこか頭が悪すぎるのであろう。

ついでに言っておくけど、
こういう外国の宝くじは自分で現地へ赴いて自分で買って、当たったとしても自分で現地へ赴いて自分で賞金を貰いに行く場合を除いて違法だったはずである。
他人に頼んだりしたり、購入・賞金の換金を委託した場合は違法になるのである。
だから、今回のようなダイレクトメールは違法な行為に当たるのである。

逆を言えば自ら現地へ赴く分には合法なのである。
どうしても外国の宝くじがほしければ自分で現地へ赴いて買ってくればよいのである。当たった時も自ら現地へ行けばよい。
なに、飛行機代やらの旅費はかかるだろうけど、宝くじが当たればそれ位の費用は何とでもなるだろうよ。
当たればな(悪笑)

何にしてもこんなゲス野郎はほっておくのが一番である。
それにしてもこんな物に引っ掛かるバカはいるのだろうか・・・