ひとりごと

戻る

9/18(PM9:00)のひとりごと


最近、テレビから聞こえてくると気になる声優。
斎藤千和(ぱにぽにだっしゅ!:レベッカ宮本。吉永さん家のガーゴイル:双葉)
釘宮理恵(ゼロの使い魔:ルイズ。蒼い空のネオスフィア:エリンシエ)
川澄綾子(ゼロの使い魔:アンリエッタ。蒼い海のトリスティア・蒼い空のネオスフィア:ナノカ)
若本規夫(吉永さん家のガーゴイル:ガーゴイル)
って、なんか違うの一人いるっ! Σ(゚Д゚)

というわけで最近『吉永さん家のガーゴイル』を見るたびに斎藤千和の声が気になるようになってきた。
というか『ぱにぽにだっしゅ!』のベッキーことレベッカ宮本と喋りがほぼ同じだ。
と思ったら久しぶりに『ぱにぽにだっしゅ!』が見たくなってきた。
10月の連休にでもまとめてDVDでも見ようかしら。


昨晩はキッズステーションで『ゼロの使い魔』11話を見たあと、チバテレビで同12話を見る。
というわけで残り1話となった。
アニメのほうも面白いといえば面白いのだが、やはり1クールは無理があるなぁ・・・

ネットで『ゼロの使い魔』について適当に見て回っていると、『桃シャナ』という単語が目に付いた。
『灼眼のシャナ』というアニメがあるのだが、私は見たことが無い。
いつだか何気なくアニメイトに行ってみると『灼眼のシャナ』の本が目に付いてなるほど似ていると思った。
更によく調べてみると、アニメのほうは声優が同じだということだ。
原作についてはまったく別の人がイラストを描いている。
アニメのほうについては顔のパーツも同じ、というか、全身で違うのは髪の毛ぐらいという感じのようだ。
アニメの方のキャラデザは別の人のようだが、総作画監督が同じで、『ゼロの使い魔』に関してはキャラデザと総作画監督を兼任している。
なるほど似ているわけだ。
それどころか、ルイズとシャナが同じ声(CV:釘宮理恵)どころか、『ゼロの使い魔』の才人と『灼眼のシャナ』の坂井悠二までもが同じ声(CV:日野 聡)ということだ。
これはぜひとも見てみたいなと思ったら、月末ぐらいからアニマックスで放映が始まるみたいだ。
これはまた楽しみが増えた。

いつだか『ゼロの使い魔』を見ていたら、音楽が流れてきた瞬間に『ローゼンメイデン』を連想した。
気になって調べてみるとやはり音楽は同じ人が作っていた。
なるほど、いまさらながら作曲する人の傾向が音楽に現れているわけだ。
というわけで、アニメのBGMの作曲者の情報に新しく一人加わり、聞き分けるレベルがまた一つアップしてしまった。

9/10(PM8:00)のひとりごと


3年半以上使っていた業務用の携帯電話がようやく新機種に替わった。
当時は最新機種で個人用の携帯電話をこれにしようかと迷ったぐらいだ。
しかし、3年半もすると塗装も剥げてくるし、機能も(相対的に)貧弱になってくる。
充電器の接触も悪く、輪ゴムを使って何とかしていた。
それが、ようやく最新機種に変更になったのだ。
しかもその携帯電話の開発に自分もかかわっていたので、感慨深いものもある。
しかし、しかしだ、
最新機種にもかかわらず何故か新鮮味がまったく無い・・・○| ̄|_

精神的にも肉体的にも疲れきっていたので、『ひとりごと』の更新もさぼり気味だ。
いくつかネタがあったのだが、風化してしまった。

先月実家に帰っているときに、東京で大停電があったそうだ。
ビデオの予約については、土日しか予約していなかったので特に問題は無かった。
で、東京に戻ってみると、停電した形跡がまったく無かった。
どういうことだろう・・・

そういえば、去年実家に帰ったときは、実家から東京に戻った後に宮城県沖で地震があった。
しばらく新幹線が動かなくなってしまったようだが、すでに東京に戻っていたため私的にはなんとも無かった。
どうも私はこのような災害とかから意図せずに逃れてしまう傾向があるようだ。


日曜日の深夜はスカパーのキッズステーションで『ゼロの使い魔』を見たあと、地上波のチバテレビ『ゼロの使い魔』を見る。
チバテレビが放映局の中で先行している関係で、ちょうどキッズステーション放映の次の回がチバテレビの放映となる。
それにしても、アニメのほうはダイジェスト版って感じがしてならない。
だいたい1クール(13話)ってどういうことよ。
ま、これに限らず原作物がアニメ化されても物足りないってのは多々あるからな。
でも『ゼロの使い魔』のDVDは買うつもりだったりする。
ちなみにアニメから入るといつもこんな感じ。

アニメ見る → おもしれー!(・∀・)
 ↓
アニメ見て面白かったので原作を読む → すげーおもしれー!!(゚∀゚)
 ↓
再びアニメ見る → なにこれ・・・ ('A`)

ちなみに今は『アイシールド21』もこんな状態。
『アイシールド21』もなんか変なオリジナルなエピソード入れたりしてテンポ悪くなったり原作の面白いとこ削ったりなんだかなぁ・・・

8/25(PM11:15)のひとりごと


ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜!! Σ(゚Д゚)
AT-Xで『撲殺天使ドクロちゃん』を見た。
あ〜、何ていうか〜、すごいね(棒読み)
あ、釘宮理恵の声だ。
川澄綾子もいる。
いい組み合わせ(8/6参照)なのだが、しかし、なぁ・・・(大汗)

8/18(PM0:40)のひとりごと


アニメの『ゼロの使い魔』7話を見る。
やっぱりここは玄田 哲章があっていると思うのだが!! Σ(゚Д゚)

それはさておき、5巻の内容だよなぁ・・・
はしょりすぎ、っていうか水戸黄門?
原作読んだあとにアニメを見ると、アニメがしょぼく感じてしまう。
いつものことだ。
DVD欲しいと思っていたのだが、どうしたものだか・・・

8/17(PM9:30)のひとりごと


いつぞの週アスに富野監督の写真が載っていた。
ああ、確かにいたよ!! Σ(゚Д゚)
『日本沈没』っていつまでやっているんだろう。
もう一回見に行きたいと思っていたけど、まだ行ってねぇや。


とりあえず、盆休みだ。
ようやく休みだと思ったら、緊張の糸が切れてしまったのか風邪をひいてしまった。
土曜日の朝、若干ノドに違和感があったが、時間がたつにつれて余り気にならなくなっていった。
で、日曜日に実家に帰った。
道中、新幹線で約2時間、電車で約30分の間、『ゼロの使い魔』を読む。
実家で何をしていたかというと、『ゼロの使い魔』の原作を延々と読んでいた。
火曜日、東京に戻るときも『ゼロの使い魔』を読む。
毎回の事ながら何しに帰っているのやら・・・

で、水曜日。
風邪が悪化してきたので、部屋でおとなしく寝ていることにした。
ただ寝ているのも暇なので『ゼロの使い魔』を読む。

で、今日はとりあえず出かけた。
あまりにも暑いので、早々に帰って家で『ゼロの使い魔』を読む。

というわけで、『ゼロの使い魔』が面白い。
ライトノベルという奴なので、文章を読んでいくわけなのだが、なんか以前に比べると1冊読むのに時間がかかるようになってきている。
普通の文庫本サイズで、昔だったら1冊あたり2時間ちょっとで読めたと思ったのだが、今では3時間以上かかってしまっている。
どうしたものかなぁ・・・

それはおいておいて、いわゆる「ツンデレ」ってやつですね。
言葉自体は最近出てきたものでなのだが、こういうのは実際はだいぶ前からあったんだよね。
それにしてもルイズかわいい (*´Д`)=3ムッハー
添い寝イベント最強じゃ(;´Д`)'`ァ'`ァ


去年の今頃ぐらいだったかな。
AT-Xで『アイシールド21』を見るようになった。
で、今年のGW前にコミックスを買って読むようになった。
アニメから入っていったわけだが、原作を読んでしまうと、アニメのほうは下手な演出が災いしているなぁと思うようになる。
昨年はまった『まほらば』にしても、原作を読んだあとにアニメ見ると、やっぱり原作のほうがいいかもなぁと思う。
他にも、アニメから入って原作を読むようになると、やっぱり原作のほうがいいなぁと思うことがしばしば。


AT-Xで『鋼鉄天使くるみ pure』なるものをやっている。
アニメ『鋼鉄天使くるみ』の実写版だ。
正直、吐き気がするほど気持ち悪い。
この実写版考えた奴の脳みそってウジ虫でも湧いているのか?
それよりも、ウジ虫が湧けるほどの脳みそがあるのか?
むしろ、ウジ虫すら泣いて逃げるような、この世に存在してはいけない物体でも詰まっているのか?
とにかく気持ちが悪い。
3次元の人間が2次元の格好をしても気持ちが悪いってのを再認識させてくれる。
というか、それすら生ぬるいぐらいの気持ちの悪さだ。

8/6(PM11:00)のひとりごと


暑い中、汗だくで外を歩いていたところ、団扇を配っていたので団扇をもらって扇いでみた。
熱風がくるっ!! Σ(゚Д゚)

今日は秋葉原に行って、W-ZERO3[es]用にUSBホストケーブルを探しに行った。
しかし、なかなか見つからない。
あきらめて家に帰って、秋葉原で売ってるところがないかネットで探してみた。
ある程度めぼしを付けて秋葉原に向かったのだが、先にネットで探しておくべきだったかな。
しかし、ネットで調べたら秋葉原で扱っていそうなところを2箇所ほど見つけたが、値段が1,800円前後と高い。
アイ・オー・データから8月に発売予定となっているが、情報が無い。
USBホストケーブルはUSB mini-AオスとUSB Aメスがつながっているだけなのでそんなに難しくない。
ピンアサインは調べて分かっているし、mini-A,mini-Bはコネクタ形状が違っているとはいえ、W-ZERO3[es]はmini-A,mini-B両方がつながるようになっているmini-ABコネクタなので無加工でmini-Bコネクタが使える。
mini-Bのケーブルが何故か数本あるし、USB延長ケーブルも複数ある。
となったら自作したほうが早いということで早速自作してみる。
mini-Bコネクタの樹脂を切りとって、コネクタを取り出して、延長ケーブルを適当な長さで切って、メス側のケーブルをmini-Bのコネクタに半田付けする。
mini-Aは4番ピンと5番ピンをショートする必要があるが、取り出したmini-Bコネクタの5番ピンが折り取られており、0.5mm程度しか残っていない。
半田で何とか4番ピンと5番ピンをショートさせケーブルを作り上げた。
早速W-ZERO3[es]につないでUSBメモリをつないでみたところ、見事認識してくれた。
メモリカードリーダをつないで、SDカードを入れたところ、こちらも認識してくれた。
しかし、コンパクトフラッシュを入れたところ、読み込み中で固まってしまうようだ。
電力的に厳しいのかも。
キーボードをマウスをつないだところ、キーボードも認識してキーボードで文字が打てた。
マウスについては、カーソルが現れないので左ボタンを押してみるまで何処にいるかわからない状態。
USBホストケーブルがあると、いろいろ拡張して遊べそうだ。

とりあえず今のケーブルでは若干不安が残るので、次の休みにでも100円ショップいってみて材料をそろえなおしてみることにするかな。


『ゼロの使い魔』の5話を見る。
ルイズの声がどこかで聞いたことがあるなと思ったら、PCゲーム『蒼い空のネオスフィア』のエリンシエ女王陛下ではないか(CV:釘宮理恵)
そういえば、キッズステーションで『焼きたてジャぱん』でちょうどモナコカップ編やっていたのだが、モニカの声も同じ人だったのな。
なんかこの声も気になってきたな。
で、『ゼロの使い魔』5話なのだが、トリステイン王国王女・アンリエッタ姫の声が川澄綾子だった。
癒される声だなぁと思いつつ、あることに気が付く。

蒼い空のネオスフィア
ナノカ(CV:川澄綾子)→主人公
エリンシエ(CV:釘宮理恵)→王宮派により11歳にして女王となる。

ゼロの使い魔
ルイズ(CV:釘宮理恵)→主人公
アンリエッタ(CV:川澄綾子)→確か、父が亡くなったため姫殿下となる。

そういえば『ゼロの使い魔』の舞台は小国トリステインにあるトリステイン魔法学院というところだ。
トリステイン・・・
PCゲーム『蒼い空のネオスフィア』の前作は『蒼い海のトリスティア』
トリスティア・・・

えーと、考えすぎだよなぁ・・・

7/30(PM11:15)のひとりごと


はたから見てたら絶対怖いよっっ!! Σ(゚Д゚)

バグ取りのデータ取りのため、回廊状の廊下をPC持ちながらひたすら歩き回った。
総勢十数人ぐらいでひたすらグルグルグルグル2〜3時間ぐらい回ってたかな。

↓こういう状況
無限ループ

W-ZERO3[es]を発売日当日に手に入れることができた。
残業のせいで土日あたりになるかなと思ったが、仕事のほうも最後の山場を越えて早く帰れることになったのでヨドバシカメラに寄って買ってきた。
予約していたのでほんの数分で買い物は済んだ。
で、いろいろ遊んでみたが、RealVGA化は厳しいと思った。
簡単にまとめたものを今日、仮アップしてみた。

先日、キッズステーションで『ゼロの使い魔』を見る。
第1話を見逃してしまったが、これは面白そうだ。
DVDでたら買いたいと思った。

AT-Xで『吉永さん家のガーゴイル』を見た。
その独特な声は若本氏ではないか。
そして斎藤千和もいる。
なかなか面白そう、というか、声を聞くだけでも価値がありそう。

映画は次の機会かな。


今日はこれだけ。

7/23(PM8:15)のひとりごと


N2爆薬っ?! Σ(゚Д゚)

今日は『日本沈没』を見に行った。
そこそこ面白かったのだが、ストーリー展開が早急すぎる感が否めないな。
とはいえ、あと一回ぐらいは見に行ってもいいかも。
それはともかくとして、庵野夫妻が出演しているってのはうわさで聞いていたので、何処に出ているのか探してみようかと思ったが、見つけられなかった。
で、エンディングになったのでスタッフロールを見てみると、やっぱり庵野秀明・安野モヨコの名前が。
本編の何処にいたのか見つけられなかったのがちょっと悔しい。
しかし、もっと驚くべきことに、庵野夫妻の2行上にこの名前が。
『富野 由悠季』
え〜と、記憶が確かならガンダムの監督だよな。
何処に出てたんだろうって思い出そうとしたが、名前しか知らねぇし。
ググって見たら、坊さんの役で出ていたのか。
他にもググった結果を眺めてみると、「奇跡は起きます。起こしてみせます」って台詞、どっかで聞いたことあるなぁ、と思ったら『トップをねらえ』かよ。
N2爆薬は、えーっと、アレだよなぁ、やっぱり。
パンフレットに記載されているスタッフロールを更によく見ると、メカニックデザインのところにも庵野監督の名が。
ああ、どおりで。

まぁ、とりあえず、来週ぐらいにもう一回行ってみるかな。

7/17(PM8:45)のひとりごと


疲れとれねぇっ! Σ(゚Д゚)

先週の10日の当直明けで夜勤週間終了。
9日〜10日にかけては仮眠が取れなかったのと、それまでの1週間に及ぶ夜間対応で疲れがピークに達してしまった。
10日は明けて早々に帰って、家に着いたのが10時半ごろだったかな。
少し休んで昼飯ついでにどこか出かけようと思っていたら、そのまま爆睡して夕方の4時ごろまで寝てしまった。

11日は日曜日の分の代休だったので、どこかに出かけようとも思ったが、疲れのせいで足がガタガタだったので、近所にできたばかりのレンタル店でリヴァイアスのDVDを借りてみる。
で、DVDに夢中になりすぎてW-ZERO3[es]の予約の事前登録をすっかり忘れてしまった。
夕方見てみると、すでに予約数に到達していて締め切られていた。
イロイロ見てみると昼ぐらいにはすでに締め切られていたようだ。

12日は久しぶりに普通に出勤だったが、疲れが取れず、むしろ前日よりも足がガタガタになり歩くのも億劫になる。
夜になるにつれて具合もだんだん悪くなってきたので早々に帰ることにした。
翌日になっても具合が悪かったのでそのまま休むことにした。
休む旨のメールを送った後再度眠ったが、昼まで寝てた。

16日はつくばエクスプレスに乗ってつくばまで行ってみる。
つくばでつくばエキスポセンターで適当に時間をつぶす。
かつて科学万博で展示されていた音楽を弾くロボットがあった。
そういえば小学生のころ、激しく科学万博に行きたかったのだが、親が反対したせいで行けなかったんだよなぁ・・・
そんなに行きたいのならって、代わりに変な日帰りのツアーに行ったんだっけな。
ミステリーツアーとか言って行き先が直前まで知らされないって奴だが、その行き先もなんだがなぁってなところだったな。
それなりに楽しみはしたが、何でこんなところにいるんだろうなぁという思いが終始離れなかったな。
去年もつくばエクスプレス開業して間もないころに万博記念公園に行ったわけだが、20年になるのかな、長い時を経てようやくこの地に来ることができたのかなと思うと悲しくなりましたな。
なるほど親に対する感謝の念があんまり無いわけが分かった気がする。
他にも要因はあるんだけどね。

つくばでの科学万博の翌年ぐらいに仙台でも万博があって、当時仙台に住んでいて、市内だからって事でそれには連れて行ってもらえた。
科学万博の時はイロイロ調べて見てみたいところの目星はつけていたが、仙台での万博のときは特に調べたりってことはしなかった。
それでも科学万博に行けなかったのだからってことで、仙台でやっているのには行くってことになったのだが、結局パビリオンなんかはあまり楽しめなかったな。
楽しかったのはプールで遊んだのとヘリコプターに乗ったって事ぐらいか・・・
やっぱりつくばの科学万博に行きたかったものだ。
悲しくなるね・・・
20年もの時を越えた愚痴ですな・・・


今日、暇つぶしに錦糸町のヨドバシカメラに行ってみる。
W-ZERO3[es]のモックがあったのでいじってみる。
模型そのもののモックを触ってみたが、電話としては若干大きめだが、思ったよりかは小さかった。
だが、画面のサイズもアレなので、リアルVGA化したら文字やらアイコンやら小さくなりすぎるだろうなと思った。
あれはあのまま使うべきかな。
よくよく見ると予約受付中となっていたので、今日予約したらいつ受け取れるか聞いてみたら発売日には手に入れることができるそうなので、W-SIM無しを予約してきた。

7/4(PM9:55)のひとりごと


さっき『ひとりごと』アップしたあと、上司から電話きた。
夜勤週間決定(汗)
まぁ、いいんだけどね。
睡眠時間をうまく調整して、平日の昼間を有効に使うようことにしよう。
となったら、今日は夜更かしができるな(^-^)

7/4(PM9:45)のひとりごと


W-ZERO3[es]激しく欲しいっ! Σ(゚Д゚)

何年かぶりの当直勤務。
仕事も大詰めを迎えてきたのだが、メーカー側の出来が激しく思わしくないため土日使ってファームウエアの修正を行っていた。
ファームウエアはメーカー側の仕事だが、ウチ等の職場の試験環境を使って試験を行うため立会いが必要なのと、出来たファームの動作確認のため土日に休日出勤となった。
で4人で土曜日の日中、土曜日の夜、日曜の日中、日曜の夜と回すことになった。
当初の予定だと私は日曜の夜って事だったのだが、ファームウエアの出来次第ではいつ終わるか分からって事で急遽当直ってことになってしまった。
職場に行くまでは、遅くなっても夜中には帰れるかなと思っていたため若干予定が狂う。
といっても月曜の朝に出す予定だった燃えるゴミが出せなくなっただけだが・・・
しかし、ゴミ袋が激しく邪魔だ・・・

で、代休何処にするか聞かれたとき、15〜17日の連休の前後につけて4連休にしてもよかったのだが、体力が持ちそうもなかったので今日を代休にしてもらった。
そんなわけで昨日は当直明けとなり、今日は日曜日の分の代休となったわけだ。

当直明けの昨日は、仕事の帰り際に秋葉原のヨドバシカメラに寄ってみる。
平日の昼間だけあって時間をかけて品物を物色することが出来た。
で、ひとしきりヨドバシカメラで物色した後、再び電車に乗って帰ることにした。
自宅最寄り駅のそばで昼飯を食ったのだが、無性にビールが飲みたかったので、ビールも注文する。
激しくビールウマ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
しかし、せっかくの明けだが体力が持たないので、家に帰ってから夕方まで爆睡する。
せっかくの平日なのだがもったいないなぁ・・・
昔ならこのまま午後も遊びの出かけられたのだがなぁ・・・

で、今日は新宿のハンズと秋葉原のアニメイトに行ってきた。
やはり平日だけあって人も少ない。
のんびりと時間をかけてイロイロと物を見ていられるのがうれしい。


先日の『ひとりごと』でVGN-UX50について書いた。
写真に写っているとおり、ほぼ衝動買い当然で先月買ってしまったものだ。
実は、それより少し前にSmartCaddieいわゆるOrigamiプロジェクトと呼ばれていた物の購入を検討していた。
しかし、その後週間アスキーの記事を見てすぐVGN-UX50に乗り換えることにした。
SmartCaddieはA5サイズに近い(228mm×146mm×25.1mm 約880g)のだが、駆動時間約2.5時間でディスプレイが実質800×480ドットとかなり微妙な感じである。
それに比べてVGN-UX50はA6サイズに近く(150.2mm×95mm×38.2mm 約520g)、駆動時間約3.5時間でディスプレイが1024×600ドット。
値段はVGN-UX50が約1.6倍高く、HDDの容量もSmartCaddieが40GBでVGN-UX50が30GBとSmartCaddieが10GB多いが、それでもVGN-UX50の方がいいと思った。
早まってSmartCaddieを買わずに良かった・・・

6/25(PM10:00)のひとりごと


一ヶ月半あけてしまったっ! Σ(゚Д゚)

ここ3〜5月の間は仕事の終わる時間が22時とか23時とかになってかなり忙しく、土日はほとんど昼寝して過ごしたりしていた。

ちなみに、3〜5月の3ヶ月間は作業部屋に詰めての作業だったので私服で通勤していた。
しかも、うちらのグループの残業時間がとんでもないことになっているってことで10時からの勤務になっていた。
朝がつらいので10時勤務ってのはありがたいし、私服勤務だったので気楽であった。

6月からは元の勤務場所に戻ってきたので私服は不可になってしまったのは残念だ。
しかし10時勤務は変わっていないので朝は若干楽だ。
仕事も早めに切り上げたりしてるし(それでも21時とか22時だったりするが)
ま、仕事のほうも大詰めを迎えたので、あとしばらくがんばってまとまった休みを取りたいところだ。

SONYから超小型のPCが出た。
VGN-UX50なのだが、W-ZERO3みたいに画面をスライドさせるとキーボードが出てくる奴だ。
W-ZERO3に比べるとキーボードがフラットなため使い勝手はよくないが、WindowsXPで動いていて画面は1024×600なのでいろいろできそうだ。
ちなみに画面のサイズを比べてみると、
W-ZERO375mm×57mm640×480ドット
VGN-UX5098mm×57mm1024×600ドット
とW-ZERO3に比べてサイズ的には横長になっているが表示ドット数が多く、リアルVGA化したW-ZERO3よりも細かいので画面をタップするのがつらい。
なので、PC切り替え機を4PC用に買い換えて机の上を若干整理して今持っているPC全てをつないでみた。

↓こんな感じ
PC W-ZERO3(壁紙:ぱにぽにのベッキー)
VGN-UX50(壁紙:ぱにぽにのベッキー)
PCG-U3(壁紙:らんま1/2のなびき)
画面の右上の端っこに5インチマシン(Linux)
液晶モニタが表示しているのは机の下のeMachinesのJ3020(壁紙:守護月天の紀柳)
PCG-U3が乗っているのは自作の棚
その下の段にPC切り替え機
更にその下の段がブロードバンドルータ
マウスパッドはガンガンのサイトから落とした『ながされて藍蘭島』(公式の物なのに漢字を間違えている)の壁紙を使って自作
プロフィールのところいい加減更新しなきゃな・・・


キッズステーションで『月間ルパン』なる企画をやっていて、TVスペシャルの放映をしているのだが、番組冒頭の三文芝居はどうにかしてほしいところだ・・・

5/6(PM11:00)のひとりごと


風邪直ったと思ったら、実家で風邪でダウンっ! Σ(゚Д゚)
2日の午後休も無理そうだったので、24日週に早々に切符の払い戻しをした。
結局実家に帰ったのは、カレンダーどおり3日に帰って5日に東京に戻ってきた。
若干風邪気味だったのだが、4日は完全にダウンしてしまった○| ̄|_
風邪じゃなくても何もやることなくてごろごろしているだけだったのだろうからあまり変わらないのだがorz


ここ数ヶ月、土曜日の朝9時〜12時はAT-Xでアニメを見ていたのだが、『焼きたてジャぱん』をはじめ見ていた番組のほとんどが一気に最終回を迎えてしまって見るものがなくなってしまった。
で、何気にテレ東にチャンネルを移してみるとふたご姫がいつの間にか第2シリーズになっていた。
それはいいとして、エンディングを見て(聞いて)びっくり。
『学園天国』(オリジナル:フィンガーファイブ/74年・カバー:ワンダー☆5)なんてこれまた古い歌を引っ張り出してきたなぁ・・・
そういえば『おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ!』のエンディングも『恋のダイヤル6700』(オリジナル:フィンガーファイブ/73年・カバー:New man co.,Ltd/04年)だったし。
って、これ書くのに曲のこと調べてみたら、どっちもフィンガーファイブじゃん。
しかもどっちもオレ生まれてねぇΣ(゚Д゚)
フィンガーファイブは置いといて、古い歌を引っ張り出してくるのがはやりなのか。
東京について早々不満を覚えつつ結局一通り見てしまったが、やっぱり評判がいまいちらしい『デ・ジ・キャラットにょ』については『EQUALロマンス』(オリジナル:CoCo/89年/らんま1/2ED・カバー:Priere/03年)だったり、
カレカノについては『夢の中へ』(オリジナル:井上陽水/73年・カバー1:斉藤由貴/89年・カバー2:榎本温子・鈴木千尋/98年)
ってカレカノは最近とは言いがたいが探せばきっともっと他にあるだろう。