ひとりごと

戻る

6/26(PM9:30)のひとりごと


『魔法少女まどか☆マギカ』のDVD3巻のCDドラマを聞く。
ツッコミみどころ満載っ! Σ(゚Д゚)

ほむら、まどかを甘やかしすぎ。
平行世界って言っちゃたよ。
時間軸って言っちゃったよ。
一人暮らしなのになぜケーキをホール買い。
QBがペット扱い。ていうか、なぜカーテンに登った?
価値知っちゃってるのか。ていうか、公式扱いなのか。
さやか、お前もか。
猫に回避されてしまう必殺技って・・・
時間止めて練習したのか?
夜な夜なノートに必殺技の名前を書きとめるまどか。
その黒歴史ノートの内容を何故か知っているほむら。
その会話マミが聞いたら泣いちゃうよ。
まどかママ、それ中の人の話ですか?

6/5(PM7:40)のひとりごと


ほむほむっ♪
と、いい年をしたおっさんが時期を外して言ってみるテスト。

いつぞ録画した『まどか★マギカ』の10〜12話放送分を改めて見た。
新房ということで若干というかかなり躊躇していたのだが、それ以上に放送時間が深夜すぎて見ることがなかった。
新房ってこういうオリジナルの場合は演出が際立ってくることもありそうで興味がないわけでもなかった。
でもやっぱり時間的に無理だった。
で、AT-Xで『フリージング』が終わった後に『まどか★マギカ』が放映されるようになったので、それで見るようになった。
震災の影響で延期された10〜12話を録画してその分は既に見ていたのだけれど、AT-Xの方もちょうど佳境に入ってきたので改めて見てみたのだが・・・
結果、ほむほむっ♪
銃火器メインで戦う魔法少女。
11話はでっかいスクリーンで見たいシーンだった。

音楽もいいよね。
サントラってDVD/BDにしかつかないのかな。
だとしたら買わないとならんのか。
もしかして初回限定盤だけとかだったら早めに何とかしないとやばいかも・・・


知らないうちにPCの増設した拡張ボード(FREEDOMのPCI-1P2S)の調子が悪くなった。
そういえば、何故かPCがいつの間にかリブートしていることもあった。
別件でデバイスマネージャを開いてみると「?」のアイコンがあちこちに。
よくよく見るとシリアルポートとは認識されているみたいだけど、2つあるシリアルポートに「?」のアイコンが。
パラレルポートに至っては不明のデバイスとして「?」となっていた。
どういうことだろうと調べてみるがなかなか治らない。
もしかしてと思ってボードを抜き差ししてみると、ちゃんと認識して治ってしまった。
こういう時はやはり抜き差しなのか。
地震の時にでもおかしくなったのかしら・・・

5/22(PM8:10)のひとりごと


だいぶ前に水道橋駅近くのジョイブックスという本屋に行ってみる。
つぶれてたっ! Σ(゚Д゚)
あとハンコ6個で割引だったのに。
まぁなんか怪しかったし。
去年の今ぐらいだったと思うけど、前身の本屋(名前忘れた)がリニューアルということでひと月近く閉まっていて、再開も遅れてた。
で、ジョイブックスになってからというもの、週刊少年サンデーとマガジンの前日入手が困難になる。
週刊少年チャンピオンは高確率で前日入手ができるのだが、たまにできなかったりする。
コミックスについてもなんか無難な品ぞろえになってしまった感があった。
前身の本屋だったころは、週刊少年〜は前日には確実に入手できて、コミックスの揃えもかなりいろいろあったはずなのに。
リニューアルして以降、どうもつまらない感じになっていた。
まぁ、それでも仕事帰りとか便利だったので利用していた。
ところが、店内の配置換えをしてしばらくしたらそのまま閉店していた。
コミックスとかそろっている店がこの付近ないから不便になってしまった。


実家に帰省した際に、実家周辺を自転車で回ってみた。
その際の記録は帰省記(震災記)にまとめてある。

実家にはいくつかの未製作や作りかけ、製作済みのキットについて段ボールに詰めてしまってある。
実家に帰省するたびに少しずつ東京に持ってきてたりするのだが、今回は秋月のガイガーカウンタを持ってきた。
とはいっても、実際はカウントしているわけではないので放射線検出器といった方が正解のような・・・
段ボール箱の中から発掘してさっそく動かしてみた。
以前は1分間に2〜3回音がなればいい方だったのだが、久しぶりに動かしてみると1分間に4〜5回ぐらいは音がなっていた。
音のなる間隔が明らかに短くなっている。
正確にカウントしていたわけではないが、明らかに倍ぐらいにはなっていたようだ。
バックグラウンドの倍なので大した量ではないのだが、実際に確認してみるとなるほどなと思う。
文字
4/23(PM5:30)のひとりごと


AT-Xで『Dororon えん魔くん メ〜ラめら』を見る。
ネタが古っ! Σ(゚Д゚)
そして突っ込みどころしかないっっ! ΣΣ(゚Д゚)
さらにゴルディオンハンマーっっっ! ΣΣΣ(゚Д゚)

作品の年代設定が昭和だし。
しかしその決め技は『ガオガイガー』のゴルディオンハンマーだし。
ニコ動でも配信していたので見てみたけど、案の定「ゴルディオンハンマー」とか「ひかりになれぇぇぇっ!」ってコメントが。
これはこれで面白そうなので見てみることにする。


テレビで(くぎゅボイスめあてで)『アスタロッテのおもちゃ!』を見る。
意外と面白かったのでコミックスをまとめてみる。
どこかで見たことあるような絵柄だと思ったら『バカとテストと召喚獣』のキャラクター原案の人でしたか。
2巻の「我を捨てよ されば道は開かれん」の問がどこかで聞いたことあるような気がするなぁと思って14ページを見てみたら、
『魔方陣グルグル』かよっ! Σ(゚Д゚)
最初気づかなかったけど、よくよくシルエットの絵を見たら『魔方陣グルグル』だった。

それにしても、眼鏡のキャラが何故か妙に気に入ってしまった。
アニメ見た時点では名前を覚えていなかったのだが、コミックスを読んでユーディットって名前だったのか。
そして巻末のキャラクターファイルを見る。
37歳
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
自分は三十路半ばでマンガアニメにうつつを抜かす変わり者だけど・・・
儂より年上かよっっっっ! ΣΣΣΣ( Д ) ゚ ゚

えーっと、これは、きっと「ユーディットさん じゅうななさい」ってことだろう。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
どうみても37歳って書いてあるよ、数字で orz

まあいいや、あと何年かで自分の方が年上だ。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
なんか違う orz

まあ、マンガだし気にしたら負けなのだろう。
うん、見なかったことにしよう。

3/27(PM9:30)のひとりごと


被災された地域の皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

11日の地震はすごかった。
仕事をしていると少しずつ揺れが来て、そしてだんだん強くなっていった。
仕事場の被害はPCのモニターが1台机からひっくり返っただけだが、一瞬照明が消えたり棚がありえないほどにゆがんだりしていた。
その後、携帯電話のワンセグで情報を確認していたが、どうも宮城県沖が震源だったらしい。
津波で沿岸部が壊滅的な被害を受けているとのことで、実家に連絡を取ろうにも音信不通。
しばらくしたら、仕事場から千葉の製油所の火災が見えた。
かなりの距離があるはずなのだが、ビルの上の方なので、炎が上がっているのが遠目に見えた。
電車が止まっているとのことで、仕事を予定より早めに切り上げて徒歩で家まで帰ることにする。
ビルのエレベータも止まっている。
水曜日に避難訓練で階段を1階まで下りて行ったが、それから間もない間に再び階段を下りることになるとは思ってなかった。
道も徒歩で帰ろうという人であふれかえっており、私は4時間かけて家まで戻ったが、人の列はそれよりももっと先まで続いていたようだ。

家に戻ってみると、本棚の本などが軒並み雪崩を起こしていて本やらなんやらと散らかっていた。
部屋を片付けた後に再び実家に連絡取るも、やはり音信不通。
通話規制がかかっているために全然つながらない。
結局、実家と連絡が取れたのは翌朝12日の早朝。
地震の被害はなく(物は散らかったらしいが)津波の被害もかろうじて逃れたらしい。
海岸からそれほど距離が離れていないので心配だったのだが、無事とわかって一安心。
とはいえ、周りの田んぼはほぼ水没。
田んぼのそば(というか中)に10軒ほどの家があってその中に実家があるのだが、盛り土した上に建っているために周りが水没して島のような状態になっていたようだ。
あと少し波が高かったら床下浸水や床上浸水もあったたろうぎりぎりのところだったのだろう。
12日早朝に連絡が取れた後、またしばらく規制のため音信不通。
再び連絡が取れたのは14日の夜。
さらに詳しく話を聞くと、電話はほぼ規制のため不通。
電気も止まっている。
石油については配達のタイミングが良かったのか1週間分は何とかなりそうだが、車のガソリンは心もとない状況。
そのくせ何故か水道は問題なしという状況だった模様。
翌日には電気も復旧したようで実家の方は何とかなったようだ。

東京に来る前に仙台いたわけだが、その仙台の職場は復旧作業で大変なことになっているのだろう。

2/6(PM8:50)のひとりごと


『こみっく☆すたじお』という漫画を買ってみる。
どう見ても『らき☆すた』の白石みのると小神あきらです
本当にあ(ry Σ(゚Д゚)


ちなみにひらがなで書いた場合はアニメの登場人物で、漢字で書いた場合が声優のほう。
だいぶ前に月刊ヤンマガに連載されている漫画がどう見てもこの2人だというのをなんかで見たので、買ってみることにした。
なんか、この作者は以前『らき☆すた』の同人描いていたらしいとのこと。
「褒めかたにオリジナリティがない」(P.41)のセリフがアニメかラジオかで聞いた覚えがあるようなないような。
ラジオやアニメはもうだいぶ前のことなのでよく覚えていない。
そのうちDVD見直したいなとは思っているが。
登場人物の相原実は腹筋がすごいらしいけど、元ネタの元ネタのほうは脂肪がすごいらしい。

で、その元ネタの元ネタのCDが出るらしいので買おうと思っている。


今度はUSB Blasterのクローンでも作ってみようかと部品を集めているところ。
ヒューマンデータのUSB Blasterの自作方法USB blasterクローンの製作を元に作る。
使うCPLDは千石電商で買ったAlteraのEPM7064AETC44-10。
配線しやすいようにピンアサインを変更、その他もろもろの設定も直してコンパイルを行う。
あとは24MHzのクロックさえ手に入れば実際に製作に取り掛かれる。
フリスクケースに入れたいとも思ったが、実装上若干余裕がなさそうなので、普通に組む予定。
それに以前AVRライタを作って動画を上げたのとほぼ同時期に、USBブラスターをフリスクのケースに入れた動画が上げられていてネタがかぶってしまうし。
とりあえずCPLDはキットでは扱ったことあるけど、自作で扱うのは初めてなのでうまくいくかどうかやってみないとわからないしな。

1/31(PM11:45)のひとりごと


東京ドームシティの事故について。
結局はバイトが安全バーの確認を怠ったとのこと。
口頭では手で押してロックを確認することを言ってたらしいがマニュアルにはそこまで記載されていなかったらしい。
最初は安全確認を徹底していると言っていたのだが、実際はそうではなかったとのこと。
だが、マニュアルの詳細を記載して徹底したとしても、人間に100%を求めてはいけない。
マニュアルに詳細に記載して徹底したとしても、忘れるときは忘れる。
その場の確認で問題なかったとしても、ふとした弾みでロックが外れるかもしれないし、客が誤ってロックを外す可能性だってある。
根本的な原因は、ロックしてなくても稼働する設備にも問題があるだろうて。
でも最初の説明で、ロックしなくても稼働してしまうけど安全確認するから問題ないと言ってしまったことも大問題なわけで。
最初のボタンをかけ間違えたことで取り返しのつかないことになる。
ことさら当たり前のことだけど、人間は過ちをおかす。
本来フェイルセーフ的に考えるならば、ロックしなければ稼働しない、稼働中はロックが外れないようにするべき。
それでも安全確認は必要だが、もしロックされてなかったとしても稼働しなければ事故にもならない。
なぜ最初からそのように実装しなかったのか。
機構的にその実装が難しいとしても、確実にロックされているかどうかわかりやすく表示する仕組みを付けるだけでもだいぶ違うだろう。
また、安全に対する意識にも問題がある。
たとえマニュアルが問題なく整備されていたとしても、実態が伴っていなければそれは意味がない。
どうやら日常的に目視点検しかしていなかったようだ。
忙しいから稼働率上げるために手も抜きたくなるのだろうけど、安全に関しては慎重にあるべき。
自分たちがどんなものを扱っているか、何を預かっているのか、その辺の意識が希薄になっていたとしか言えない。
安全について日常的に意識できるように口先だけではなく徹底するべき。
また日常的に意識できるような環境も整備する必要もある。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

1/23(PM9:00)のひとりごと


アニメ『とある魔術の禁書目録(インデックス)』の2期のOPを見て今更なことを書いてみる。
『とある科学の超電磁砲(レールガン)』の2期やる気満々だなっ! Σ(゚Д゚)

『とある科学の超電磁砲(レールガン)』は『とある魔術の禁書目録(インデックス)』と同じ世界の物語なのだが、それぞれのアニメ1期のOPがそれぞれ視点を変えた同じ場面が使われてたりする。
で、『とある魔術の禁書目録(インデックス)』の2期のOPを見ていると、この場面は視点を変えて使う気だなと思える場面が多々あるんだよな。
まぁ間違いなく『とある科学の超電磁砲(レールガン)』の2期やるんだろうが。


『なれる!SE』の3巻が出たので読んでみる。
勉強になったなぁ〜。
自分はRFPを書く側だったんだけど、数年前は増設案件ばかりだったから以前のRFPの数字を書き換えて終わりとか。
そういえば最近はRFP書いてないや。


USB Blasterを作るためにいろいろ情報を集めている。
PICで作るUSB Blasterもどきは既に作ったので、それを足掛かりに今度はクローンに取り掛かりたいと思っている。
FTDIのFT245RLとCPLDがあれば作れるようなのだが、FTDIのドライバについてちょっと気になったこと。
なんか、VCPとD2XXの2種類のドライバがあるようだ。
使い方によってドライバを使い分ける必要があるらしいのだが、一方ではこの2つのドライバは統合されているという情報もある。
どうもよくわからないのでドライバのリリースノートをよく読んでみると、2.00.00r (May 18, 2006)の時点で統合されているようだ。
でもFTDIのデバイスを扱った製作記事とか掲示板の書き込みとか見ると、それ以降に書かれたものであっても使い分けるとか書き込んでいるのもある。
かなり最近のものでもVCPとD2XXを別物として書いてたりしているのもあるし。
でも、ドライバをダウンロードする際のURL見るとどっちも同じなんだよな。
試しに別々にダウンロードしてファイルを比較してみたけど、内容は同じだった(あたりまえだけど)。

おそらく、統合前から使っていて最新の情報に更新されていない人とか。
もしくは、統合前に書かれた古い記事に元に、自分では最新の情報を確認しないまま鵜呑みにして古い情報を流しているとか。
そんなところなのだろうな。

一応自分はものを作る際は最新の情報を確認するようにしている。
部品が手に入らない時に代替品が使えるかどうか確認するためにも情報は必要だし。
記事にまとめる際も手順も本当にあっているか確認するようにもしている。
でも、記事にするときは大雑把に書いたりするので、手順が抜けてたりする可能性はあるかも。
一応は手順をまとめたあとに、自分で作った手順を元に試してみて抜けがないことは確認するようにはしている。
仕事で手順作るときは間違いないようにしているが、こっちは趣味だからその時は勘弁だな。

1/15(AM0:10)のひとりごと


あ〜、なんとかなるもんだな (´Д`)

1chipMSXがコンパイルできない件について、さらに詳しく調べてみて修正したみたところ、無事コンパイルすることができた。
エラーの内容は、C言語でいうところで、冒頭でプロトタイプ宣言している関数の引数に使っている変数名と、実際の関数を記述しているところの引数の変数名が違っているというものらしい。
どのように直せばいいか分かったところで、修正してコンパイル。
そのほかにも、プロジェクトファイルを読み込む際に発生していたWarningも調べてファイルを修正。
何度かコンパイル→エラー→修正を繰り返してエラーがなくなって無事コンパイルができるようになる。
無事にコンパイルできるようになったものの、今度はPOFファイルにHEXファイルを埋め込もうとしたがどうもうまくいかず。
初めは生成されたPOFファイルを1chipMSXに書き込んでも、うまくいかず。
LEDの点灯パターンは変更した内容で点滅しているので、コンパイル自体はうまくいってZ80とその周辺回路としては動いているらしいが、MSXとしては動いていないようだ。
どうもHEXファイルの内容を読み込めていないらしい。
生成されるファイルの内容を確認していろいろ設定を変えてみたら、今度はうまくMSXとしても動いてくれるようになった。
自力で直せそうにないかなと思っていたが、何とかなってしまった。
やはり、ダメ元でもいろいろ試してみるものだな。
とりあえず、試してみた内容を元にUSB Blasterもどきの製作記事とともにレポートでも書いてみようかなと思った。

1/10(PM7:30)のひとりごと


ネタがない! Σ(゚Д゚)

拡張ボードが届いたので、いろいろつないで確認してみる。
買ったのはFREEDOMのPCI-1P2Sというやつ。
拡張ボードを挿してPCを起動したが、新規デバイスのダイアログは表示されず、デバイスマネージャを開いてみるとデバイスは認識しているもののドライバーがない状態だったのだ。
その後しばらくしたら、自動的にドライバをダウンロードしたらしく問題なく動くようになっていた。

拡張ボードが動いたので、次に手元にある開発ツールについて確認してみる。

PIC
秋月のAKI-PICプログラマーVer.4
問題なく動作。
もともと直接I/Oを叩いているわけではなく、USB-シリアル変換でも動くので、特に心配はしていなかった。

AVR
MP3プレーヤを作ったときについてきたAVRライタ。
元々はChaNさん製のライタとソフト。
すでにUSB版も作ってあるので、万が一動かなかったとしても特に問題にはならない。
シリアルポート版はUSB-シリアルを使うと激遅らしい。
コマンド実行時に-pvオプションでポート指定で問題なく動いてくれた。
giveio.sysはまだ試していない。
よってパラレルポート版もまだ試していない。

Xilinx
トラ技2008年1月号付録の付録基板。
問題なく動作。

Altera
1chipMSX用に作ったByteBlasterII互換ケーブル。
認識するしない以前にドライバーをインストールしようとすると、途中でファイルがありませんといわれて使えなかった。
事前にググってUSB-Blasterは互換ケーブルの製作記事をいくつか見つけていたので、USB-Blasterもどきの製作を元に作ってみた。
文字 文字
この手の工作で、ライターを作るのにライターが必要になったりすることがよくあるのだが、このもどきはPICで動くのでPICライターさえ動けば問題ない。
もどきさえ作ってしまえば、USB-Blasterのクローンの製作も可能になる。
1chipMSXで動作を確認してUSB-Blasterもどきが動くことを確認。

確認のためにQuartus II 10.1を入れてみたが、1chipMSXをコンパイルしようとするとエラーが出てコンパイルできなかった。
仕方ないので、オリジナルのファイルと、ByteBlasterIIを作ったときに作ったファイルを使って、間違いなく書き換えられていることを確認。
Quartus IIのエラーについてはQuartus IIがVer.UPした際に何らかの変更があったようで、ググってみるとやはりエラーが出るらしい。
でも自力で直すことはできそうにないな・・・


ほかにも、オプティマイズのカメレオンUSBのロジアナも試してみた。
こちらも特に問題なく動いた。

ただ、USB-Blasterもロジアナも、USBを挿しただけでは認識してくれず、デバイスマネージャを使って手動でドライバをインストールしてやる必要があった。

さて、これで心置きなく工作することができるな。

1/3(PM8:00)のひとりごと


AT-Xで『生徒会の一存』を見る。
突っ込みどころしかない! Σ(゚Д゚)
09年後半のアニメらしいが、これはリアルタイムで見たかったかも。


年末PCが壊れた。
壊れたといっても、起動するときはちゃんと起動して動く。
しかし、突然シャットダウンしたり、立ち上げようとして電源入れてもブザーが鳴って起動しないこともしばしば。
通常ならブザーの鳴り方でおおよその被疑箇所がわかるものなのだが、その資料がない。
切り分けのために、ハードディスクのケーブルを外したりして確認したのだが、どうもメモリを抜き差ししたところで安定して動くようになったようだ。
メモリ抜き差しで安定して動くようになったとはいえ、またいつおかしくなるかわからない状態で使い続けるのもどうだろうと思い、思い切ってPCを新調することにした。
それ以前から、動画を編集しようとすればPCが重くなりすぎてしばらく固まったままになったりしたり、ウイルスバスターの予約スキャンで、なんかのファイルで引っかかって何時間もたっているのに10%から先に進まなかったり。
休止状態にして再起動すると、プリンタドライバ(一体型のためもしくはスキャナのドライバ)でエラーのダイアログを出すし。
ウイルスバスターで10%から進まないのはこのドライバーのファイルの引っかかっているようだし、Windowsのアップデートで作られたファイルでもやたらとスキャンに時間がかかったりするのもあった。

本来なら今年の夏ごろにしようかとも思っていたが、このようにPCの挙動が怪しくなってきたので買い換えることにした。
買い換えてみたものの、これはこれで問題山積。
パラレルポートとシリアルポートがひとつもない。
Xilinxのパラレルケーブル(互換)やALTERAのByteBlaster II(互換)がパラレルポートを使うためにぜひとも欲しいところ。
マザーボードにコネクタ出てるかなと思ってみたが、未使用のUSBコネクタがいくつかあるだけ。
パラレルとシリアルポートの拡張ボードを探してみることにした。
玄人志向のならすぐに手に入るが、いろいろ調べてみるとどうも相性がよろしくない模様。
他に何か動きそうな拡張ボードがあるらしく、その拡張カードを通販で注文して届くのを待つところ。

旧PCからハードディスクを移設したが、こちらも挙動がおかしい。
ファイルの所有権がどうもおかしく、ファイルを編集しても保存ができなかったりする。
症状からおおよその見当をつけてネットで対応策を調べてみると出るわ出るわ。
検索した結果を元に対策してみるとすぐに解消。
と思ったが、たまにうまくいかなかったりする。
それでもおおよそのところで所有権の問題は解消されたし、うまくいかなかったところもある意味強引な手段で直したので、この後見つかった分は個別で対処するしかないか。

そうやって、環境の移設を行って今のところは何とか動いているが、XPから7になって操作性が違ったりしているのでいささか慣れるまで時間がかかった。
細々としたところでまだ問題はありそうだが、今のところ快適に動いている。
XilinxやALTERAのケーブルは拡張ボードが届いてみないとわからないし、動画も編集する予定も今のところないので、その辺がどうなるか確認してみないといけないが。
とりあえずは前のPCよりかは快適に動いてはくれている。