ふざけるのも大概にしろ、佐川急便!(怒)

通販で買い物をする。
デカ物なので、9月7日午前中で配達日指定した。
ブログの記事を書きながら荷物の到着を待つ。
しかし12時を過ぎても荷物が届かない。
通知された問い合わせ番号で検索してみる。

ちょっとまて、なんで不在になっているんだ。
ずっと家にいたにもかかわらずどういうことだ。
念のため不在通知が届いてないか郵便受けを見に行く。
しかし郵便受けを見に行っても不在通知は入っていなかった。
どういうことなのか問い合わせフォームにこのことを書いて佐川に問い合わせる。
食料買い出しに行って帰って(ついでに不在通知がないか確認して)きて12時半を過ぎたころになってようやく佐川が荷物を持ってやってきた。

ただ遅れただけならまだしも、何故に不在と偽りの登録をしたのか。
昔から佐川のことは信用していなかったけど今日ほど頭にきたことはなかった。

カテゴリー: ひとりごと | タグ: | コメントする

MSXを買ってしまった

MSXを買ってしまった。
しかも、MSX turboRのFS-A1GTを。
さらにいろいろと周辺機器まで集めて。

ポケコンの印刷用にMSX用のプリンタを買ったのがほぼ2年前。
最近になってプリンタがあるなら本体も欲しくなってきてしまった。
1chipMSXだとプリンタポートがないので何か実機で欲しいと思ってたところFS-A1GTがすんなり手に入ってしまった。

16MBメモリー拡張カートリッジ

ハードオフで買ったワンセグTVのDS-ITV800SV

もともとビデオ入力ができればよかったのだが、取説を見るとVGA入力があるらしい。
しかし専用のケーブルは売ってないらしい。
ググったら接続方法があったので試してみる。
http://micbosoft.iobb.net/Blog/blog201408.html
http://nagaokasiho.mine.nu/ton/nicky.cgi?DT=20130407B

接続は以下の通り。
USB1-VGA13 HSYNC
USB2-VGA14 VSYNC
USB3-VGA3 Blue
USB4-VGA2 Green
USB5-VGA1 Red
USB FG-VGA5,6,7,8,10 GND

ハードオフの通販で手に入れたXRGB-2plus

XRGB-2plusとDS-ITV800SVをつないだところ。

XRGB-2plusは液晶モニタには対応していないとなっているが、実際つないでみたところ使うことができた。
とはいえ、手持ちのモニタすべて確認したわけではないので気が向いたら確かめてみるか。

自作のコントローラとPS/2マウス変換器。

マウス変換器の製品はあるにはあるが、
ATARIマウスPCへUSBマウスを接続する変換機
ATARIマウスPCへPS2マウスを接続する変換機
は高いし、
マウスコンバータ/88U
は安いけど家内制手工業で在庫無いし。
ググったらマウス変換コネクタというのが見つかったので、手持ちの部品で作った。
追加で買ったのはフラットケーブルのDサブコネクタぐらい。
全部新規で買ったとしても1000円行くかどうかってところか。

手持ちのPS/2・USB兼用マウスを使うつもりでUSBコネクタを使ったが、兼用マウスは相性によっては使えないらしい。
そのためPS/2マウスを使うために変換コネクタを使っている。
もともと1chipMSXで使うことを想定してたが、実機で使おうとしたらDサブコネクタが差さりにくいため、加工したコネクタで下駄を履かせてある。

MSX Viewを表示させてみる。
上はビデオ信号をDS-ITV800SVにつないで表示させたところ。
下はRGB信号をXRGB-2plusを通してVGAで表示させたところ。


ハードオフで3300円だったものだが、VGAの表示は思ったよりもきれいに映った。

画質比較のため、MSX-DOS2を起動させてMMというファイラーを表示させてみたところ。
Video接続の場合。

横方向ににじんでドットがつぶれている。

Video出力でXRGB-2plus経由VGA接続の場合。

余計ににじんで見れたものじゃない。

RGB出力でXRGB-2plus経由VGA接続の場合。
 
ドットがはっきりしているので見やすい。

いろんなものがすんなり手に入ってしまった。
本当はもう少し時間をかけて少しずつ入手するつもりだったが、こうもいろいろと簡単に手に入ってしまったので、なんか反動がありそうな感じ。

しばらくはこの状態で遊ぶつもり。
でも肝心のプリンタを置く場所がない(´・ω・`)

カテゴリー: MSX | コメントする

映画 DRAGON QUEST YOUR STORY を見てきた

映画 DRAGON QUEST YOUR STORY を見てきた。
感想としては、悪くはないけど微妙かなぁ・・・

たいしたネタバレはないはずだけど、一応。

続きを読む →

カテゴリー: ドラゴンクエスト, 感想, 映画 | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ その13

7月初旬にアップデートされた。

一体どういうことだよ

最近のキャンプ場の様子。
先日まで6月下旬の釣り大会の賞品でクラゲの水槽を置いてみた。

今は7月下旬の釣り大会のイベントの賞品を並べて夏らしくしてみた。

あまり課金してリーフチケットを使いたくなかったけど、今回は奮発して背景なども変えてみた。

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする

ポケコンのプリンタ出力をPCで取り込んでみる

ポケコンのプリンタインターフェースと、PCに取り込むためのUSBインターフェースを作ってみる。

プリンタのインターフェースは以前作ったポケコン・エレクトロニクスに載っていたものを簡略化。面積は以前の物と比べて半分。
 

取り込み用のUSBインターフェースは、Capture parallel printer dataを参考に秋月電子のFT245RL USBパラレル変換モジュールを使用して簡易版とBUSY・ACKのタイミング生成版の両方を作ってみた。
元の記事ではDサブ25ピンだが、手持ちのケーブルを考えてアンフェノールコネクタの36ピンを使用。

まずは、ポケコンのプリンタインターフェースを試して問題なく刷できることを確認。

画面のハードコピーとLLISTをMSXプリンタで印刷。

次にPCで取り込んでみるテスト。

LLISTをしたところ。

ハードコピーを行い、TeraTermでバイナリログを取ってバイナリエディタ確認したところ。

一応うまく取れているっぽい。
ただ、ポケコン側のプリンタインターフェース、ケーブル、USBインターフェースの簡易版とBUSY・ACKタイミング生成版の組み合わせによっては正しく取り込めない場合もあって、どの組み合わせで問題なのかわからずじまい。
とりあえずうまくいった組み合わせは、今回作ったプリンタインターフェース、製品のプリンタケーブル、簡易版のUSBインターフェースの組み合わせ。
自作のケーブル使ったら、化けたり二重に取り込んだりしていた。

とりあえずここまで出来たのだけど、後は取り込んだデータを画像に変換するなり印刷したりできるソフトってないものかなぁ・・・

ちょっと気になるところがあって、BUSY・ACKタイミング生成版について、STBにプルアップ抵抗を追加。
 


2019/6/30 追記
図のプルアップ抵抗の位置が間違っていたので修正
出典を追記

カテゴリー: PC-G850VS, ポケコン, 電子工作 | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ その12

ある日のコテージ

会話を終えたとたんにどうぶつ達の配置が変わって身動きができなくなった。
電子工作ネタはいままとめている最中。

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ その11

花見の季節もとっくに過ぎているので模様替えをしてみる。
キャンプ場はイベントで手に入れたアイテムを配置。
何、この何?

コテージは手持ちのアイテムを配置。
いたって普通。

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする

トラ技の付録でORANGE-color1を作ってみた

なんとなく、ORANGE-color1を作ってみた。
LPC1114FN28というマイコンを使用したボードで、ふとトラ技の付録を思い出した。
それならば付録を使って自作してみるかと思い立って作ってしまった。

左がオリジナルのORANGE-color1。
右がトランジスタ技術2012年11月号の付録の基板を使って作ってみたもの。
ORANGE-color1のLEDとトラ技付録基板のLED1はLPC1114FN28の同じピンにつながっているのでそのまま利用したかったのだが、回路を比較したらORANGE-color1はHでLED点灯に対し、トラ技付録基板はLでLED点灯になっているので別途LEDを外付けしている。

LCDはORANGE-color1は2.8インチだがトラ技付録基板は3.2インチを使っている。
微妙に色合いが違っていたりする。

ORANGE-color1は電池ボックスをつないで使うことを想定しているっぽいけど、電池ボックスをぶら下げて使うのもアレだしUSBから給電できればと思い、背面板を兼ねてレギュレータを乗せた基板を作った。


こちらはトラ技付録基板のもの。
付録基板がそれなりの大きさなので、やたらとでかいものができてしまった。
付録基板のほうには、LED1の他にLED2がつながっていて。こちらはポートがHのときに点灯するようになっている。
付録基板は付録基板の方で、なんか遠回りな設計になっているような気がする。
なんでLED1とLED2の動作が逆になってるのだろう。
ともかくサンプルコードに少し追加して、LEDを点滅させるプログラムにしてみる。

BUTTON_START = 9
while 1
	if in(BUTTON_START) = 0 then end
	out 7, 1
	pause 200
	out 7, 0
	pause 200
	out 15, 1
	pause 200
	out 15, 0
	pause 200
wend

実行させてみた。

付録基板のLED1と外付けしたLEDは交互に点滅している。
LED2はポートの15番につながっているのだが、ポートの番号が入力時と出力時で番号が異なっているのが面倒なところだ。

ちなみに、コントローラーは1枚の基板に乗らなかったので、別の基板に作ってケーブルでつないである。

カテゴリー: 電子工作 | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ その10

わーい、フレンドが13人になったよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
その内2人は半月から1ヶ月ほどプレイしていないようだけど。
それにしてもこのゲームの男女比と年齢分布ってどうなってんだろう。

現在のキャンプ場の様子。

いつまでも謎の儀式なのもアレなのでイベントの景品で春らしく花見セットに。

コテージの様子

こちらも花見セット。

キャンピングカーの様子。

1階は花を変更しただけ。
2回はコピー機を導入。

また面白いイベントの景品が手に入ったので近々また模様替えしたいと思う。

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ その9

最近はポケットキャンプのことばかり。
なにか電子工作したいところだけど何もネタが思いつかず、ポケットキャンプネタを挙げてみる。

ある日のコテージの様子
ブンジロウ、一体何があったんだ・・・

別のある日。
1ごう、 一体何があったんだ・・・

現在のキャンプ場の状態。

釣り大会のイベントでゲットした例の土管に変更。
この配置、我ながら秀逸すぎて変更するのが惜しい。
どうしたものだろうか。

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする