ORANGE-ESPerを作ってみた

何か面白そうだったので、ORANGE-ESPerを作ってみた。
もともとはFabGLで公開されているライブラリとそれを動かすハードなのだが、サンプルとしてCP/Mなどのエミュレータが使えるみたいだ。
早速注文して、と行きたかったがよく見ると売り切れ。
いつ入荷するかわからないしどうしようか思ってたけど、回路図が公開されているのなら自分で作ってしまえとamazonと秋月電子とaitendoの通販で部品をそろえる。
部品がそろい次第少しづつ組み立てていった。

キーボードとマウスはUSBコネクタの手持ちがあったので、それを使う。
USBコネクタでPS/2が使えるタイプのキーボードとマウスをつなぐようにする。

さて、ESP32についてはamazonで買った安物なのだが、カスタマーレビューを見ると書き込みが不安定でコンデンサを追加する必要があるらしい。
単体でLチカやって確認してみたけど、時間がかかったり書き込みできなかったりとしたのでレビューをもとにENとGND間に0.1μFを取り付ける。

秋月電子で売っているものと回路図を比較してみると、EN-GND間のコンデンサがなかった。
ただ、0.1μFだと単体では問題なかったのに、回路に組み込むと不安定になってしまうので、本体基板の裏に1μFのコンデンサを追加してある。

さて完成したのでモニタ、キーボード、マウスをつないでArduinoIDEを起動して、サンプルスケッチの中からALTAIR8800を選んで書き込みを行う。

手持ちにPS/2キーボードがあったのでPS/2→USB変換コネクタを使って接続。
マウスはそのままPS/2対応なのでそのままつなぐ。

無事書き込みが終わって立ち上がったところ。

無事CP/Mが立ち上がった。
AドライブとBドライブの中身をDIRコマンドで表示させる。

M80とかL80がある。
高校生のころにMSXで使って以来で、もうほとんど覚えてないわ。
ポケコン用のプログラムを作ったりしたものだ。

ソースを見ると、Cドライブ、Dドライブがあるのだがそのままではエラーが出て使えない。
ファイルの一覧を見るとFORMAT.COMがある。
もしやと思ってFORMATを実行してみる。

これでCドライブが使えるようになった。
同じようにDドライブもフォーマットする。

さて、実のところ作っている最中、しかもあらかた部品を取り付けて最後の配線を行おうとしたところで、件の通販サイトを見てみると在庫が復活している。
はてさてどうしたものかと思ったが、結局ポチって買ってしまった。

何故かキーボートがUSBコネクタで、マウスがPS/2コネクタになっている。
さて、上で書いた通り手持ちのキーボードはPS/2、マウスはUSBだ。
結果、キーボードはPS/2→USB変換コネクタを挟んで、
マウスはUSB→PS/2変換コネクタを挟んでの接続になってしまった。
これが逆ならそのままつなげたのに、また、デザイン的にどっちかに統一したほうが見た目きれいな気がするのだが。

自作とキットの比較。

サイトの写真を参考に配置してみた。
基板の大きさは秋月電子のB基板ぐらいだろうと踏んでたが、まさしくその通りだった。
自分で作ったほうは片面基板でもよさそうな気がしたが、手持ちの在庫が両面しかなかった。
だいぶ前に買いだめしてたはずだが、両面もこれが最後だったので、その内にまた買いに行かんとならないな。
ちなみに、自分で作ったほうはたまに画面がちらつくが、キットの方は安定して映っていた。
これはモジュールのせいなのか配線のせいなのかどうにか切り分けたいが、ESP32を簡単に入れ替えられないのだよなぁ・・・

最後にESP32の安物そうでないほうの比較。

安物のほうはコンデンサを追加する必要があるが、オンボードLEDがあるのでLチカだけなら部品の追加なしで確認できる。
ピンヘッダ間の幅が2.54mm狭いのでブレッドボードでのテストもしやすい。
そうでないほうはモジュールを取り外そうとしたらアンテナ部分が折れそうで怖い。
でも安定している。

しかしESP32って面白そうなのでちょっといろいろ遊んでみたいところだ。

ちなみに連休中はトイ・レコードメーカーでいろいろ試してみる予定だったが、結局なにもできず。
どうしたものか・・・

カテゴリー: 電子工作 | タグ: , , | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ 2年目その4

コテージの2階は完全にサーバールームになってしまった。
 増設1回目
増設2回目
増設3回目。多分ラスト
しかし、何が悲しゅうてゲームの中でまでサーバを増設しているのか。
現実でもここしばらく3週間に2回の割合でデータセンターまで行ってサーバの電源投入の立ち合いに行ったりしいる。
さすがに電源ケーブルを筐体に挿したりコンセントに挿したりするのはリモートじゃ無理だからな。

そのころのキャンプ場

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする

続「ザイログZ80伝説」はいったいいつ届くのだろう


本日、Amaonから「ザイログZ80伝説」の遅延メールが届いた。
7月発送予定が11月発送になったようだ。
始めに注文した時が19年12月の発送予定だったのだから、約1年の遅延になるのか。
筆者のブログをもると、1月の時点でSBCZ80は完成してあとは発売のみって状態だったのに、今度はいったい何があったのだろうな。
ブログには何も書いてないし。
たぶんアレなんだろうけど。
今度の遅延メールはいつになるのかな?

カテゴリー: ひとりごと | タグ: | コメントする

大人の科学マガジン トイ・レコードメーカーで遊んでみる

大人の科学マガジンのトイ・レコードメーカーを手に入れた。
自分でレコードを作れるというのだが、音質を少しでも良くしようと思うとコツがいるらしい。
そこで、カッティングを行う際の信号レベルはどのぐらいがいいのか測定しようと思った。
カッターヘッドのスピーカーを接続しているコネクタと同型のものを入手する。
秋月電子でRCYコネクタを購入。
なぜ赤色しかないのだろうか。
ともかく、入手したコネクタを使って分岐ケーブルを作成。
分岐ケーブルをつないだところ。

分岐ケーブルからオシロスコープにつないで信号の大きさを確認してみた。
 
約2μS周期で上下にヒゲのような信号が。
逆数にして周波数を求めると、約500KHz。
さてこの信号は使っている電源アダプタ由来なのかアンプ由来なのか切り分けるため、急遽電源をでっちあげる。

トランスに三端子レギュレータという昔ながらの電源を製作し、これで電源供給して測定してみるが、 約500KHzの信号は残ったまま。
どうやらD級アンプを使っているようで、スイッチングのノイズが残っているようだ。
この周波数だとスピーカーは駆動できないだろうから問題ないとは思うものの、若干気にはなる。
しかしこのノイズが邪魔で信号レベルを目視で確認するのは難しくなった。
ここはやはり耳に頼るしかないだろう。

さて音質は置いておいて、再生時に録音時より若干早く周波数も高くなる問題もあるが、そこは再生するプレーヤーの機能を使うことで何とでもなる。
自分はPCで聞々ハヤえもんというソフトを使った。

再生速度・再生周波数・音程と3つを調整ができるようになっている。
再生速度は音程はそのまま再生速度を調節できる。
音程は再生速度はそのままで音程を調整。
で、再生周波数は再生速度に合わせて周波数も変わるので、これを利用する。

録音時と再生時の音楽の時間を比べてそこから何パーセントにすればいいのか割り出す。
ちょうど前後の無音部分を抜いた時間が100秒の曲があったのでそれを使って時間を測定。
自分の環境では100秒の曲が97秒で再生されたので、周波数を97%で設定。
周波数97%で録音し、音楽を再生したら、音程も長さも元の曲とほぼ同じになった。

さて、スマホやPCのイヤホン端子から録音しようとすると音が小さくて、音量を最大にしても足りない場合がある。
そんなときは、秋月電子のST-32使用ヘッドホン出力⇔ライン入力昇圧トランスキットを使うと、十分な音量が得られるようだ。
使っているアンプがラインレベルを想定していて、イヤホンからだとインピーダンスや信号レベルがマッチしていないのだろう。

まだ問題は残っているので、休みの間もうちょっと遊んでみようと思う。

カテゴリー: 電子工作 | タグ: , | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ 2年目その3

新しいどうぶつ達が追加になったことで、サーバーが作れるようになった。
コテージの2階が謎の神殿状態だったので模様替えしてみる。
謎の神殿状態。

サーバーを4台作ってそれっぽく配置。
どうぶつ達を2階に呼んだらなんかそれっぽい位置に。

まだラックが4台しかないから構築中のイメージ。
てか、リカルド(真ん中のオオカミ)寝てるし・・・

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする

アベノマスクはまだ届かない

届いても使わないけど。

なんか、サイズが小さいとか黄ばんでる、変色している、異物や虫が混入している、カビているとかいろいろ聞く。
実際に未配布分を回収して検品しなおしているらしい。

しかし、どの工程でそのようになったかはしらんけど、異物や虫が混入したりカビが生えたりする環境で作られたマスクなんて、見た目がきれいでも本当に清潔といえるのだろうか?
ましてや直接口に装着するものがそんな不潔な環境で作られたものだとしたら使いたいとは思わない。

じゃあ誰かに譲るかと思ったところで、不潔と思われるものを他人に押し付けるのも気が引ける。

どうしたものか。

カテゴリー: ひとりごと | タグ: | コメントする

デマを流す奴と簡単に騙される馬鹿はくたばってほしい

いつものようにドラックストアに買い物に行ったら長い行列ができていた。
あきらめて帰ってきた。

マスクが入手できない。
それはまだ理解できる。
転売ヤーはこの世から速やかにご退場願いたい。
マスクは販売はやめて配給制にしたほうがいいんじゃないか。

問題はデマのせいで購入が困難になったボックスティッシュなどだ。
デマを流す奴は許せないが、それに簡単に騙される馬鹿も許せない。
騙される奴もデマを流した人たちとともにこの世から速やかにご退場してもらいたい。

これからは、デマが流れたら、デマに騙される馬鹿どもに買い占められる前に手に入れるようにしないといけないのか。
本末転倒だな。

カテゴリー: ひとりごと | コメントする

PC-9801DAのFDDを交換してみた

たまにPC-9801DAで遊んでみて、FDDの動作について少しわかってきた。
MS-DOSが起動できるようにフォーマットしたフロッピーディスクを何枚か用意して、FDD1で立ち上げようとした場合、フロッピーディスクによっては読み込みできずMS-DOSが起動できないことがある。
FDD2ではどのフロッピーディスクでも立ち上がるけど、FDD1はフロッピーディスクによって立ち上がったり上がらなかったり。
どうもフロッピーディスクとFDDの組み合わせでうまくいったりいかなかったりなので、FDDを交換してみることにした。
これまたヤフオクで型のFDDを手に入れて交換する。
手に入れたFDD。
型番はFD1137D。
P/Nは134-500534-218-0

交換前の状態。

FDDを取り出すのに手前の電源ユニットが邪魔になるので、電源ユニットも取り出す。

交換後。

手に入れたFDDはなぜか背面に黒いスポンジが張り付けられていた。

交換後、同じようにFDD1でMS-DOSが起動することを確認。
今度はどのフロッピーディスクでも起動ができることを確認できた。

この手の古いPCは一見正常に動作しているようでも、特定条件で動作しないこともあるので、なかなか気が抜けない。

カテゴリー: PC, PC-9801 | コメントする

国際子ども図書館

ヤフオクで、子供のころ読んでいた電子工作の本があったのでほしかったのだが、競り負けてしまった。
ヤフオクっていえば、開始時の価格をアホみたいな高値で付けている奴がいるけど何考えてるんだろう。
それはともかく、おかげで本のタイトルが分かったので国会図書館に無いか検索してみたところ国際子ども図書館にあることがわかった。
子ども図書館となっているけど、大人も利用しているみたいなので早速行ってみる。

お目当ての本だけ読んでおしまいとするのももったいないので、学研の『〇年の科学』についても借りてみることにした。
たしか小学4年~6年の間で購読していたので、自分が小学生だった年度の『〇年の科学』を借りてみる。
実際に借りてみたところ、付録については9割かた思い出すことができたのだが・・・

冊子の内容について9割かた思い出せねえっ!

自分の名前が載ったことがあったので、それを見つけることできたのは良かったのだが。
思い出せたのはそれと印象に残っていた幾ばくかの記事だけ。
何よりショックだったのは、5年・6年の科学でMSXの記事が載っていたことを全く覚えてないことだった。
高校時代にMSXを触ることになるのだが、小学生時代にMSXの記事をちゃんと読んで覚えておけばよかったかもなぁ・・・・・
多分、持っていなかったから関係ないと思って読み飛ばしていたのかも。

カテゴリー: ひとりごと | タグ: | コメントする

どうぶつの森ポケットキャンプ 2年目その2

いつまでも正月気分なのも何なので、ハニワ集めイベントの景品で模様替え。
まあ普通かな。

2月12日のアップデートで、コテージの2階が実装されたので、早速部屋を飾り付けてみる。
一体何なんだ・・・
当初の構想ではキャンプ場をどうにかする予定だったのに、何故かネタの方向に進んでしまう。

引っ切り無しのイベントで、ほぼ作業ゲーと化しつつあるな。
ガーデンイベントや最近の果物のイベントはほぼカオスな状態になってしまったが。
でもよく毎日つづいたものだ。
今後どうしようかな。
このまま続けていきそうだけど。

カテゴリー: どうぶつの森ポケットキャンプ, ゲーム | コメントする