MSXのプリンタを手に入れた。そしてポケコンにつないでみた。

16日の土曜日。
秋葉原でいつものようにジャンク巡りをしていた。
昔に比べてジャンク屋が確実に減っているよなと思いつつ、まだ入ってみたことがない店があったので、入ってみる。
なんと、昔MSXで使っていたプリンタと同じものがジャンク扱いで480円(税別)で売っていた。
懐かしさもあいまって、値段もお得なのでダメ元で速攻購入。
それがこのPanasonicのFS-PC1というプリンタ。

カラー印刷もできる機種だが、もはやインクリボンは売ってないだろうからもっぱら感熱紙専用のプリンタとしか使いようがない。
早速100円ショップでFAX用の感熱紙ロールを買う。

A4サイズ用の感熱紙ロール用の止め具はついているが、100円ショップで売ってたのはB4サイズの物のみだった。
とりあえず、Lアングルの残材を用いてB4ロールの止め具を作る。
オプションを取り付けるための穴があるのでそれを利用して固定。

高校時代も確かB4サイズのロールを使ったような記憶があるのだが、そのときどうやったのかよく覚えてない。
針金を使って何とかしたような気もするのだがよく思い出せない・・・

本来なら針金でできた印刷された紙が給紙側に巻き込まれるのを防止するための金具があるのだが、ジャンクのためかついてなかったので、塩ビ板を適当に加工して代用品を作って準備完了。

ただ懐かしさと値段の安さだけで買ったわけではない。
高校時代にポケコンとこいつをつないで印刷してみたりしていたこともあったので、今回もこいつでポケコンから印刷をしてみようと思ったわけだ。

まずはCT-431をつないで印刷してみる。

OPEN ”LPRT:”したあとにLLISTコマンド。
ちゃんとリストが印刷された。
いったんCLOSEしてプログラムを実行。
ポケコンの表示はこんな感じ。

FS-PC1(というかMSX用のプリンタ)はPC-PR系のコマンドが使われているのをだいぶ昔に調べたことがあったので、もしやと思って確かめてみる。

うん、OPEN前のHDCOPYは正しく印刷されている。
というか、なぜか左上に「P」と印刷されているが。
OPEN後にLPRINTとかした後とかCLOSE後のHDCOPYコマンドはなぜかゴミが混ざってしまっている。
[SHIFT]+[1]でもハードコピーを取ってみる。

一応うまくいっている。
なぜかやっぱり左上に「P」と印刷されているが。
もひとつおまけに文字コードで印刷してみる。

80h~9FhとE0h~FFhはMSXではひらがなが割り当てられているので、プリンタもその通りに印刷されている。
ちなみにLPRINTで「;」を付けて連続印刷した場合、最後に「;」を付けずでLPRINTしてやらないとプリンタのバッファに残って印刷されないことがあるので注意しなければ。

次に本を参考に自分で作ったインターフェースで確かめてみる。

LLISTが正しく印刷されていない。
ハードコピーもうまくいっていない。
自作のインターフェースが悪いのか、それとも別の何かがあるのか。
高校時代にPC-G803・PC-G813とつないだ時は正しくLLISTで印刷できたのに。
TM-T88IVの場合もLLISTは正しく印刷できているし、いったい何が何やらわけがわからなくなってきた。

ちなみにエプソンのTM-T88IVのページはいつの間にか削除されていた。

カテゴリー: ポケコン, 電子工作 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です