スマホ用Bluetoothリモートシャッター

ネットをウオッチしていたところ、ダイソーでBluetoothを使ってスマホのカメラのシャッターが操作できる商品があるとあった。
早速自分でも手に入れて確認してみる。

使い勝手は、まあ悪くない。
三脚を使って写真を撮ろうとすると、ズーム操作やシャッターが押しにくいと感じることがある。
ダイソーでスマホ用Bluetoothリモートシャッターを発見→分解→ちょい改造:ウェブ情報実験室で改造記事を読むと、ボリューム調整ができるように改造しています。
しかし記事のままの改造では、手持ちのスマホの場合、ボリュームの調整はそのままズームの調整だけでシャッターを切ることはできません。
そこで、ボリューム調整(ズーム調整)とシャッターが使えるようにタクトスイッチ3つ使ったものにしてみた。

新規で買ったのはタカチ電機のコイン電池が入れられるCS75Nと専用の基板ぐらい。
後は手持ちのタクトスイッチとスライドスイッチを使用。

実際組んでみたところ。
ポリイミドテープで絶縁して両面テープで固定。
面倒なのはICから直接配線するところぐらいで、あとか既存のスイッチのパターンやチェック用のパターンを利用して配線。

ケースに組んだところ。

ボリューム(V-,V+)でズーム調整で、シャッターボタンでシャッターを切ることができる。
使いやすいようにタクトスイッチは三角に配置してみた。
これで三脚を利用した撮影がやりやすくなった。

ただ、この改造はグレーゾーンでもある。
もとの商品は技適を取ってあるが、改造したことで技適的にどうなのだろうか。
スイッチを追加して外見を変化しているだけで、無線上の特性は変わってないはずだが。
室内だけで使って、あまり多様はしないほうがいいかもしれない。

そういえば以前、携帯電話端末関係の仕事で技適がどうこうってことで苦労したことがあったな。
かなり面倒で落としどころを見つけるまで結構時間がかかったような気がする。

しかし、某店では技適取ってないだろ的な商品や怪しい名称の機器や明らかにコピー品を売ってたりしてるし実際のところどうなんでしょう。

カテゴリー: 電子工作 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です