ポケコンジャーナルの記事を確認してきた

さすが国会図書館。ない本が結構多いぜ(ダメじゃん)
ポケコンジャーナルは全部そろってたけどね。
本によってはVol.2はあるのにVol.1は無かったり。

まぁそれはともかく、土曜日使ってPC-E200/G800シリーズに関する記事についていろいろ調べに行ってきた。

95年4月号にPC-E200/G801/G802/G803/G805/G811/G813/G815のメモリ構成が載っていた。
それによると、
PC-E200:ROM BANK0~3
PC-G801:ROM BANK0~3
PC-G802:ROM BANK0~7
PC-G803:ROM BANK0~7
PC-G805:ROM BANK0~7
PC-G811:ROM BANK0~7
PC-G813:ROM BANK0~F
PC-G815:ROM BANK0~F
ということらしい。
ちなみにBANK0のアドレスは8000H~BFFFH、BANK1以降はC000H~FFFFHになっている。

また、95年7月号にPC-G801/G802/G803メモリ増設の記事があった。
やっていることは、おおむね件のサイトと同じだが、トランジスタではなくICを使っているぐらいかな。
ただ記事の内容にいくつか怪しい点があるが。
また、基板のパターンがいくつかあることが分かった。
PC-G801:使用しているRAMの形状によって2種類
PC-G802:1種類
PC-G803:基板のパターンが2種類

95年12月号ではPC-G850/G830/G820が新製品として紹介されていた。
PC-G850はPC-G815の後継機、PC-G830はPC-G805の後継機、PC-G820はPC-G801の後継機と書かれていた。
PC-G820のスペックが微妙なのもPC-G801の後継と考えればなるほどといった感じか。

カテゴリー: ひとりごと, ポケコン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください