見知らぬ人に「久しぶり」と声かけられた

秋葉原をぶらついていたら、見知らぬ人に「よお、久しぶり」と声をかけられる。
なんか適当に話を合わせて雑談していたが、突然「競馬やってる?」と聞かれた。
なんでも競馬で当たって大金を持っていると札束を見せられた。

そういえば、先週だか先々週に浅草をぶらついていた時にも別の人でまったく同じシチュエーションに遭遇した。

浅草の時は、どうしても思い出せないので「誰でしたっけ?」と尋ねたら、一応名前を名乗った上で「やまちゃんやなべちゃんの知り合いでしょ?」と逆に聞かれた。
今日は特に「誰でしたっけ?」と聞かなかったのだが、やまちゃん知ってるよねと言われた。
なんでそこで私の名前を出さずに知り合いの名前を出すのだろうか。
そしてなぜやまちゃんなのか。

本当に自分と知り合いだというなら、俺の名を言ってみろ!

まぁ、自分も人の名前を覚えるのは苦手な方なので、相手の名前を呼ばずに会話することもあるのだが。

それでも顔ぐらいはおぼろげながら覚えているほうなので、まったく知らない人はやっぱり知らない人でしかないわけで。
浅草の時は、こちらが訝しがっているのを感じてかすぐに別れたのだが、今日は適当に話を合わせていたため、どこかで30分ぐらい話をしようと言われた。

同じシチュエーションの出来事が2度もあり怪しいと思ったので、ほかにも出かけたいところがあるからと早々に切り上げることにした。

気になったので、まずは「久しぶり 競馬 札束」でググってみる。
すると同じような話が出てきて「コーチ屋」というキーワードが出てきた。
次に「コーチ屋」でググってみるとWikiで詐欺行為であると出てきた

やっぱり詐欺か。
浅草の時は400万儲かったとか言ってたし、今日は500万だが1千万だか儲かったとか言っていたが、こんなふざけた連中はさっさと滅んでほしいところだ。

カテゴリー: ひとりごと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です